2009年04月26日

止まりません






3月から赤ちゃん猫が相次いで保護され、

手を尽くしては里親さんが見つかった子も、

まだ保護されている子もいます。











そんな中、またしても・・








090426_2315~0001.jpg
乳飲み子6匹、涙。まだへその緒ついています。
捨てられる子が止まりません。









公園内の某施設の門前に捨てられていました。

きのうは大雨で風が肌寒く、公園内を歩く人も

まばら。夜中は春の嵐で暴風。

見つけてもらえなかったら、

あと数時間遅かったら、

この子達はどうなっていたことか。










先週からのどの痛みと発熱で体調を崩していたけど、

もうそんなこと言ってられません。

預け先ももう手いっぱい、何とか6匹中2匹は

預かって下さるお宅があったものの

あとの4匹は〜〜こうなったら

何が何でもやるしかないの大阪根性。










一番小さい子で100グラムを切り、わずか90グラム。

へその緒、黒いのが付いてます。

とにかく暖めて、おなかいっぱいにしなければ。








わたしと言えば、以前天ちゃんと言う黒猫を保護し、

性別間違いで生まれてしまった仔猫3匹のお世話だけ、

しかもその時は母猫がいて、

途中、風邪のためミルクを飲まず

仕方なくカテーテルで飲ませた経験のみ。






はたしておっぱいしか知らない、しかもへその緒つきの

こんなに小さい子が哺乳瓶を吸ってくれるのだろうか・・

先生に診てもらっても「小さい・・」と言われて

ますます不安。おそらく生後1週間、目も開いてない;







それでも飲まなきゃ死んでしまう。

こっちが死にそうになりながらも、

飲まなきゃ死ぬよ、とおどしながら

ミルクを与える。お願い、吸って〜






手なれた知人によると、哺乳瓶に慣れるまで

何度も口に含ませるしかないらしい。

嫌がる赤ちゃん、ママのじゃない!とでも言ってんのか。








はじめはグビグビとはいかずグビ×5回くらい。

それが回数を重ねるごとにグビ×30回くらいに。

うれしい、率直な気持ちでこれなら育ってくれるかもと

期待が見えてきた。









怖がらず、もっと早く挑戦すべきだったと反省。

周りの方、ご迷惑をおかけしてきました。

まだまだ完全じゃないけれど、コツってあるんですね。







どうも乳首の穴が小さかったみたい。

思い切って開けると、口に当てた途端にグビグビ・・

小さいだけに吸う力も弱かったのね。









それにしても4時間おきの授乳はつらい・・

夜はこれでもかとたっぷり飲ませて、

少し寝かせてもらいたい。







それにしても大雨の中、捨てるヤツ許せない。

ポスター早く貼らないと。







犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 犬(足) 爆弾 爆弾 爆弾 爆弾 爆弾


















ニックネーム miemama at 23:49| Comment(4) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

久しぶりに






公園に行ってきました。





今日は送って頂いた支援物資を持って、

公園猫を見て下さっている餌やりさん、ホームレスの

おじさんに会いに行ってきました。





長野県のE様、いつもたくさんのご支援を

ありがとうございます。





餌やりさんやおじさんに話を聞くと、

今のところおなかの大きなメス猫や

捨てられた子はいないとのこと。

みな、元気にしているそうです。






残念ながらお昼間だったせいか、

公園の子には会えませんでした。

お昼寝でもしていたんでしょう。





これからもおじさんに、虐待・虐殺から

公園猫達を見守っていただくようお願いしながら

久しぶりの公園を後にしました。





虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹 虹






















ニックネーム miemama at 00:25| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

公園猫・続報







4月に入り、公園のおなかの大きな猫ちゃんは

ほぼ捕獲することが出来て落ち着きつつあります。





そんな中、予想はしていたけれど・・






090405_1405~0001.jpg
捨て赤ちゃん猫。
早朝、人目につくようにかきっぷ売場に捨てられていました。







実はこの子達以外にも公園に限らず、

多数の赤ちゃん仔猫が保護されています。

どの子もまだ乳飲み子、母猫がいない状況では

預かり先を見つけることすら大変です。





お写真の4頭はすぐに里親さんが決まりました。

まだ時期的にサイトでの仔猫の募集が少ないため、

ありがたいことにすぐに里親さんが決まりました。





えー、合計してみると

4頭 2頭 3頭 3頭 4頭 5頭 5頭 4頭・・

多すぎてよく分からなくなりますが3月に入り、

避妊が遅れおうちで生まれてしまった子も入れて

赤ちゃんだけでざっと20頭を超えています。
 





募集はこのうち、キジ白黒白兄弟5頭と

黒・キジ・サビ兄弟の5頭で10頭。

あとの仔猫はすべて里親さんが決まりました。






この子達は運よく保護されましたが、

発見されずに死んで行く子、中には密閉された

お菓子の缶の中で死んでいた子もいたそうです。

拾われても行き場がなく、保健所に行った子もいるでしょう。







どうか捨てないで下さい。


そしてその前に、飼い猫の避妊手術をして下さい。

手術が高額だとか、お腹にメスを入れるのが可哀想だと

言う前に、生まれてくるその命がどうなるかを

想像してみて下さい。

産ませる前に私達に相談してみてください。






ライムさんがいなくなったあとの公園では、

ボランティア活動をしてくれている数人の方々、

自費で避妊手術をしながら餌をあげておられる方、

また公園内で猫の面倒を見て下さっているホームレスさん。






それらの方々のおかげで猫達は見守られています。

手術をしながら餌を与えて下さっている方から

ホームレスさんへ目の行きとどかない場所への

猫のための餌を毎月、ご寄付されているそうです。





ホームレスさんはライムさんから頼まれた場所の

餌やりも引き受けて続けて下さっているとのこと。







引き続き、公園猫への

物資の支援をお願いしたいと思います。

ご協力頂ける方は、コメント欄よりお願いたします。

お送り先を後日、ご連絡させて頂きます。








わたしはと言いますと・・

ここ数週間は上記の仔猫&公園で保護された成猫の

里親探しで明け暮れています。







そしてそして嬉しいお知らせ!

公園事務所や地元警察に働きかけて下さっていた

信頼できるボランティアさんのご尽力で、

公園内に『捨て猫防止・虐待防止』のポスターを

貼って頂けることになりました。







公園で活動されているボランティアの方々の

数年来の願いが叶います。

近いうちにまた公園で実際に貼られている様子を

こちらでもご紹介したいと思います。






公園猫のためにお忙しい中、ご尽力下さった

動物虐待をなくす市民の会の皆様、

この場をお借りしお礼を申し上げます。







そしてこちらの意見を真剣にご検討下さり、

ご協力くださった公園事務所のスタッフの方々、

お忙しい中、お時間を割いて耳を傾けて下さった

地元警察の皆様に心より御礼申し上げます。







桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜 桜















ニックネーム miemama at 00:23| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする