2009年12月04日

冬なのに春のような忙しさ






先日の不要毛布等ご寄付の件では、
たくさんのご連絡やコメントを頂いて
公園関係者ともども、大変助かっています。

金銭面ではもう限界で、フリースなど買って上げられる
余裕もなくこちらにSOSが来てすぐお願いをしました。
みなさんのお気持ちが嬉しく、また送料を負担頂いて
申し訳ありません、ありがとうございます。

さて、公園ではここ数日で毎日のように猫が捨てられます。
またしても緊急に助けて欲しいと連絡があり、
悩みに悩んだ末、保護することになった子達です。


091204_1404~0001.jpg

生後1カ月くらい、総勢7匹。
茶トラ3に黒が1、サビ柄ちゃんが3です。
親♀二匹と一緒に丸ごと捨てられていました。



すでに何頭も無理を言って入園させて下さっている
猫の幼稚園さんが事情を知って、幼稚園さんも
多くの猫を抱え大変なのにまたこの子達にまで
手を差し伸べて下さることに。


ワクチン代だけでなく、それ以外の高額な医療費、食費、
またお世話の労力を思うと預かってもらえて
ありがたいと同時に心苦しい思い。
園長をはじめ、お世話下さっている関係者様に
感謝の気持ちでいっぱいです。


この7ちびーず、あとの情報ではちびだけで8匹だったそうです。
連絡を受けてすぐに残りの一匹を探して下さった結果、
側道の深い溝に落ちて死んでいたそうです。
親からはぐれて、親を探して小さい体できっと
大きな声で探して誤って落ちたんでしょう、
寒い中、おなかも空いて可哀想に不憫でなりません。


自宅で繁殖させてしまい、たくさん産んで
慌てて捨てて、捨てたあとはどうなても知りません、
餌もなく右も左も分からない場所で
生きていけるわけがないのに。
おうちで餌をもらっていた子が突然、外に捨てられると
怖がりな子は茂みに隠れそのまま餓死してしまうそうです。


これだけ遺棄は犯罪だと呼びかけていても、
こっそり夜中に捨てに来る者がいる現実、
自分が猫なら?何も持たず知らないところで
捨てられておなかも空いて、お金もなく、
ここで生きてゆけと言われたら?
生きて行けるでしょうか。


最後に、猫の幼稚園さんの裏日誌で、
公園で保護された子やこちらで保護の
猫を紹介して下さっています。
わたしがしなくてはならないことを
代わりにして下さっているようなもの、
本当に本当にありがたいです。
よろしければご覧下さい。


猫の幼稚園・裏日誌
http://ton-cha.a-thera.jp/


初冬だと言うのにまるで繁殖時期の春のような忙しさ。
なかなかブログも活用出来ずいつも残念に思っていますが
見守って下さっている方がいて下さって心強いです。
ありがとうございます。


========================================================








ニックネーム miemama at 15:06| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする