2010年01月31日

朝日新聞



本日の朝刊に事件が掲載されました。


100131_1213~0001.jpg



ここでは、亡くなった茶トラくんと火曜日に

被害に遭った三毛ちゃんの件のみ、

お伝えしていましたが、

最初の被害はキジ猫ちゃんでした。




口から血を出して、二頭と同じように

街灯の下に、わざと見つかるように

置いてありました。




この記事を見て猫を引き取りたいと

連絡もあったそうです。

遺棄、虐殺の抑止につながりますように。




ご尽力頂いているN様、心より感謝いたします。

また、ご支援のコメントを下さった皆様には

個人的にご連絡させて頂こうと思っております。

物資の支援、ご寄付は猫を救うために

大変役立ちます、ありがとうございます。




ブログへの転載ももちろんです。

もう一頭も犠牲にさせたくありません、

市民の皆様にも、以前お伝えしたように

監視の目を持って頂きたいです。




※たくさんのコメントを頂きありがとうございます。
本来ならばお一人お一人にお返事させて頂くべき
なのですが、今は記事のアップとご支援などの
メール対応、里親探し等に追われております。
以前の記事へのコメントも必ず拝見させて頂いております、
個々へのお返事が出来ず申し訳ございません。


*****************************************

ニックネーム miemama at 16:39| Comment(3) | みぃとクゥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

現場へ




今日は事件のあった現場へ。

日が沈むと街灯だけの暗い場所。

余計に寒さが増す気がします。





1回目、2回目と同じ時間帯。

犬の散歩の人もちらほら、

それがある時刻になると急に人通りがなくなるそう。





偶然、管轄の警察の方に出会えた。

事件当日にわたしが送ったメールも

ご覧頂いていたそうで、名前を言うと

すぐに分かって下さった。





先日は何もしてくれないなら、などと

言ってしまい失礼を言いました。

警察も動いて下さっているそうです。

事件が闇に包まれないよう、

今後ともご尽力をお願いしたいです。

ご無理のないように、

とお声掛け頂きありがとうございました。





先日亡くなった三毛ちゃん、

とても痩せていたそうです。

年末に復帰されているライムさんが

現場検証のあと、病院へ搬送下さいました。





傷ついた三毛を見送って下さった

A動物病院の先生。目に涙を浮かべて

診て下さったそうです。診察時間を過ぎても

三毛ちゃんのレントゲン、診断書、

すべてご負担、ご用意頂いたとか、

ライムさんも泣きながら感謝しておられました。

獣医さんにしろ、動物を治療するためのお仕事、

お辛かったと思います。





三度目がないように、

ひどい目に遭う子を出さないためにも、

この事件を許すわけにはいきません。










**********************************************************










































ニックネーム miemama at 23:21| Comment(4) | みぃとクゥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

許せない非道な行為






すぐに記事には出来ませんでした。

一報を聞いて呆然とし何も出来ませんでした。







きのう、また同じ場所で虐待事件が起こりました。

いえ、もっとエスカレートした手口で

一頭のさまよえる猫が被害に遭いました。






現場からは人慣れした子は先日ご説明したとおり

保護されています。その子はこの辺りでは見ない子で

きっと別の場所で捕獲され、被害にあったのだと思われます。





ガリガリに痩せ、そしてまた手足をやられ、

そのうえ、やけどもして瀕死だったそうです。

痛いので鳴いていたそうです・・ひどい。

このブログを見るたび、見て下さっている方を

つらいお気持ちにさせてごめんなさい。





許せない、ただでは済ませない。

まるで騒いでいる様子を楽しんでいるかのような、

そんな気さえします。いつか、人にも被害が及びます。






管轄の警察の方にこの声は届かないでしょうか。

なぜ、同じ場所で?同じ時間帯に?

市民の安全を守るなら、小さな芽を摘んでいかなければ。

これは事件、犯罪ではないの?

動物愛護法をご存知ですか?

どうして今日一日の犯罪にも取りあげないのですか?

あなたがこの子と同じ目に遭ったら・・






ここ最近、この公園以外の公園でも殺されていたそうです。

もっと事件を真摯に深刻に受け止めて頂きたい。





文章がうまくまとまりません・・

現地で猫を保護し、病院へ走ってくれた人、

寒い中警察との対応をしてくれた人、

どれほどの思いでおられたでしょうか。







最後に、その子を手厚く暖かい敷物で包んでくれた

Kさん、『助けてあげられなかった』

その一言で無念さが伝わってきます。




止められないなら、止めてくれないなら

自分たちで止めるしかないんでしょうか?






*******************************************************









ニックネーム miemama at 08:18| Comment(2) | みぃとクゥ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

事件の経過





年明け早々、こちらで

悲しいとても残念なご報告を

させて頂きました。



日記を遡ってみると、

こちらでご寄付や応援の呼びかけを

させて頂いた日からちょうど一年・・

もう二度と起こって欲しくなかった出来事です。



たくさんの方から今回の事件についての

コメントを頂きましてありがとうございます。

個別にお返事せねばならないのですが、

すみません、こちらの記事でお礼を申し上げます。

また、まるちゃん・ふーちゃんをもらって下さった

里親様、同じ公園にあの子達も捨てられ

そして亡くなった猫と同じ、誰にでも抱っこされる

ような子達です。事件を食い止めたい、みな同じ思いです。




その後についてわたしの知る限りを掲載いたします。

猫が発見されてすぐに、国立大学に司法解剖に出され

その結果を持って警察に行って頂いたそうです。




殺害現場は広大な敷地の中でもいつも同じ場所。

現場のボランティアさんの連絡で、

亡くなった茶トラくんのような人慣れした子が

まだ三頭、辺りにウロウロしていました。



緊急に保護して頂くようお願いし、

うち、二頭をねこの幼稚園さんに入園をお願いしたところ

お引き受け許可を頂きました。



(三頭のうち一頭は猫白血病陽性でボランティア宅へ、

あとの二頭は若い猫ではなかったりと、

結果、今ボランティア宅にいる子を幼稚園さんへ、

そして保護された二頭をボランティア宅へ

入れることになりました。)




今はこうして少しでも危険が及ぶようであれば

未然に防ぐためにも、人慣れした子を

保護するしかありません。





090201_1226~0001.jpg
去年の今頃、公園で保護され優しいS様に
貰って頂いたふーちゃん(現:不動くん)
保護された当時のお写真です。

捨てられた怖さからおそらく何週間も
茂みに隠れて声も出せず、たまたま
見つけられて保護、餓死するところでした。
保護された当時は紙のように痩せていたそうです。







091210_1429~0002.jpg
同じく公園に捨てられていたおまるちゃん(現:まるちゃん)
ベタベタの人慣れっこで、ボランティアも手放したくなくなった
ほどの抱っこ大好きな猫ちゃん。
優しいM様ご夫婦の箱入り娘になりました。



今後も、こうした人慣れ猫は公園に野放しにしておけません。

悲劇が繰り返されないよう、まずは猫の遺棄を許さない、

遺棄は犯罪であることをもっと世の中に浸透させる、

そして、命を全うするまで飼えないなら飼わない!




声を大にして、皆さんからもご存じない方へ

学校や職場、またご家庭の中で認識して頂きたいです。





この事件が風化されないよう、

今後も見守って頂ければと思います。




**********************************************************









ニックネーム miemama at 14:43| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

一週間前に捨てられた茶トラくん





このブログでもずっとお知らせしている
公園猫につきまして、昨年、署名運動や
警察にもかけあって下さった方より、
下記のような連絡がありました。


==========================================================


1月16日、午後7時頃
鶴見緑地において猫虐待事件がおきました。
ベンチに猫をたたき付け..(略)

発見者の方は、警察に通報し
現場検証を終え、私に連絡をくれました。 
現地に到着した時・・(略)
ベンチに頭ををたたき付けた後、
意識のある中、手足を折られたのでしょう。 
猫は虫の息で、静かに息をひきとりました。 

被害にあった猫は一週間前に捨てられた
チャトラのオス、人が大好きで誰にでも
スリスリする猫だったそうです。

事件は餌やりさんが餌をあげ
立ち去った直後に起きたと思われます。
犯人は猫が何時頃に餌を貰い、
何時頃に食器を回収にくるのかを調べて
犯行に及んだのかもしれません!

この公園に関わらず、虐待の
ターゲットにされるのはいつもなつっこい猫です。
「ここなら餌を貰って生きていけるだろう」と
安易な気持ちで猫を捨てる飼い主。

かわいそうだからと内外飼いする飼い主。 
この真冬の寒さを乗り越えるだけでも命がけ、
ましてこんな残酷な目にあうなんて。
不幸な猫をうみだすのは飼い主が
捨てることや飼い主が内外飼い
することから始まる。 私は改めて遺棄を防止
することの重要性を感じました。

この現実を動物に関心があるなし関係なく、
たくさんの人に知ってもらいたいと思います。

===============================================

すみません、悲しくて悔しくて、可哀想で、
途中文章の中の残虐な手口は略させて頂きました。


一週間前まで飼い主のところにいたであろう茶トラ。
人間を信じて疑わず、こんな目に遭わされるなんて
夢にも思っていなかったでしょうに。


この事実を一人でも多くの人に知ってもらい、
万が一、公園のお近くにお住まいの方が
おられたら市民の方にも広く知って頂いて
その目で監視、通勤や通学の際にも見張って
頂けたらと思います。

下記の写真は、この公園で保護され
公園のボランティアさんを通じて
こちらで預かり里親様に貰われた子達です。

この子達も、同じ目に遭わされていたかも
しれないと思うと大きな怒りと憤りを感じます。


0.jpg
こうのすけ(公園ではカール)心優しいFさんご夫婦に貰われました。
この子も人なつこいベタベタさん。




090222_1232~0001.jpg
幼稚園さんに一時的に預かってもらっていた茶白ちゃん。
この子は公園の雌猫と二頭で貰われていきました。
画像の通り、ベタベタ甘えたさん。



091102_2026~02.jpg
抱っこ大好き、誰にでも甘えるみーちゃん(現:うたちゃん)
この子も、標的になっていたかもしれません。
昨年末、5人家族のとってもお優しいご家族さんのお家の子に。



091125_2254~0001.jpg
我が家で預かっていたアメくん(現:ぐうちゃん)
アメショーで、もちろん公園に捨てられていました。
お膝大好き、こんなにおとなしい子が捨てられるなんてと
驚きました。今は4人ご家族のT様のお宅の子に。
もう可愛くて仕方ないです、と幸せ掴みました。



dassyu.bmp
一頭で捨てられていた仔猫、むくむく(現:ダッシュちゃん)
こんな小さい子はすぐに捕まってしまう。
今はN様宅で綺麗なお姉さんに愛されて幸せ。




090807_1518~0001.jpg
きのうのお見合いで貰われた白ちゃん。
公園に居た時からベタベタさんで誰にでも抱っこされる甘えん坊。
おなかを空かせてるから、おいしい餌に釣られたら
誰にでも寄って行ってしまうでしょう。H様ご家族の子に。



ざっと最近貰われた子で、
思いついただけでもこんなに。
昨年一年だと20頭は超えているはず。
それでも捨てられる子は後を絶ちません。


命を奪われた茶トラちゃんも
幸せになれたのに、
悔しくて仕方ありません、犯人が憎い。


今後については追々こちらで
報告させて頂きます。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニックネーム miemama at 22:57| Comment(9) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

今年もよろしくお願いいたします。




年が明けてしばらく経ってしまいました。
今年も細々とですがブログを続ける所存です、


年末から年始にかけて、
ほかのボラさんもお正月休みなのか、
掲示板に掲載している近畿の猫が
わたし募集の猫達ばかり。


おかげで、一頭の猫に数件のご応募、
募集を出した猫も10頭はいたので
メールの対応に追われお見合いも
一日で6組、その次は9組と
おかげさまで大盛況でした。


年末に、こちらをご覧いただいた方より、
シーツやフードのご寄付の件、
直接、わたしへご連絡下さいました。



*フードやシーツをお送り下さったJ様。

*猫の幼稚園さんからこちらをご覧下さって
ご寄付いただいたS様。

*いつも病院の子や、公園の子を気にかけて
毎年のように、フリースやカイロを大量に
送って下さるM様。


どのご寄付も大変助かっています。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。


今年は特に寒さが厳しく、お外の子達は
風邪をひいたり、膀胱炎になったりしていないか
気になっています。早くこの寒い冬が
終わってくれますように。


今日は我が家で保護のペペくんと白黒おちびちゃんの
お写真です。兄弟のように仲良し、おちびちゃんは
いつもお兄ちゃんのあとをくっついて回り、
ペペが高いところへ行くと僕も行く、ペペが下りると
今度は下りれなくてにゃんにゃん鳴くので下ろして
あげます。ぺぺもお兄ちゃんらしく、
噛み加減を教えたり、追いかけっこをしたり、
そうかと思えば、頭を舐めてあげたりと微笑ましい奴ら。

二頭で行って欲しいけど、それは贅沢な希望でしょうか^^;




091227_1751~0001.jpg


100111_0940~0004.jpg




100111_0942~0001.jpg



本年もよろしくお願いいたします。



=====================================================



ニックネーム miemama at 23:52| Comment(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする