2008年05月23日

去年の今頃・・・




今回はまたまたお嫁入りした猫ちゃんのお話猫




去年の4月のはじめ頃(ブログにも一時書いてたかも;)
生後6か月位の仔猫を探している方がおられると、
病院の先生から連絡が入った電話





4月というとそろそろ赤ちゃん猫の出始める時期。
『生後半年』という月齢の子だと前年の冬生まれ。
あたってみるもののなかなか見つからず、
知人のつてでやっと見つけた女の子一頭犬(足)



京都のあるお宅にいるとのこと。
話を聞くと、どうやら多頭飼いの飼い主が引っ越しのため、
面倒を見てきた内外自由の猫達を置いて行くと言うちっ(怒った顔)
ならば一頭でも貰ってもらいたい、リミットは5月の連休exclamation×2



急いでその子を迎えに行った車(セダン)
一頭でも助けられたら、とその時は思っていた。
お宅に着くといるわいるわ、数えただけでも10頭以上exclamation×2
人なつこいその子達を横目に見ながら、
『連れて帰ってもいいですかもうやだ〜(悲しい顔)
と気がついたら口から出てた。
メス優先、車に積んでいたキャリーがある分3頭。




そこから数週間、ほかにも引き取ってくれた方と
合わせて連れて帰れる子はすべて連れ帰り、
わたし担当は合計9頭。





前置きはこのくらいにして・・
最後に残った7歳のとらちゃん猫(笑)
貰ってもらうには年齢的にも難しく、
7月頃になっても預かりさん宅家
預かりさん宅からもそろそろ引き取って欲しいと言われ
困っていた矢先、ご近所の餌やりさんから
友人に一度聞いてみてあげるとの朗報演劇





トントン、とは行かなかったものの、
何とかお見合いにまでこぎつけて
はじめは渋っておられたご夫婦も、
『行くとこないならウチに来る?
と言ってくださった顔(泣)あれから一年。



***********************************************************

前略
いつもランちゃんの事、心にかけていただき
有難う御座います。便秘のことを除けば何の
心配する事もなくなかなか味のある猫ちゃんです。
勝手者で甘えん坊で意思表現もはっきり、
私達の話しかけに声色を変えてその時に
応じた返事をするのもとても面白いです。
エステも大好き!ランちゃんがぬいぐるみの
「ニセちゃん」「シロちゃん」と一緒に
ストーブの前でくつろいでいる写真を見てやって下さい。
又、いろいろお世話をかけると思いますが
よろしくお願いします。            草々

***********************************************************




080523_0123~0001.jpg

当時7歳だった雌のとらちゃん(ランちゃん)猫(足)
ぬいぐるみの猫さんとも仲良し揺れるハート








080523_0118~0001.jpg

ご夫婦は70代前半。(と言っても60代にしか見えない!)
ボランティアの知人にはそんな高齢の方によくあげたね、
と言われたけど仔猫からでなく、シニアの猫だからこそ
貰ってくださった。自分達より長く生きられたら困るからと。
(あ、ご心配なく。ご夫婦には動物好きな
息子さん夫婦おられますからるんるん






メールは手元に残らないけど、
手紙や写真はいつまでも残るのが何か新鮮ぴかぴか(新しい)
保護当時はストレスで尻尾は毛がなく、
口元も上唇に病気があったとらちゃんたらーっ(汗)
優しいご夫婦に貰われた京娘(?)は今や箱入り。






《おまけ》

9頭のうち飛行機で東京へお婿入りした2頭です飛行機
(ご記憶の方もおられるかなー(長音記号1)




nachi.jpg



omi.jpg







一気にたくさんの猫を抱えて困ってしまった私に、
快く預かりに協力してくれた知人と預かり先さん、
一緒に飼い主に掛け合ってくれた方、
貰ってくださった里親様。皆さんのおかげで
にゃんずは元気にそして幸せに暮らしています。感謝かわいい







小鳥 小鳥 小鳥 小鳥 小鳥 小鳥 小鳥 小鳥 小鳥

ニックネーム miemama at 02:18 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1390297
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック