2009年03月18日

わたしのチビ






今日は公園とは関係のない記事でごめんなさい。

わたしの愛猫、チビを愛して下さった皆様へ

ご報告をさせて下さい。






今朝、愛するチビが天国へと旅立って行きました。

先月、体調を崩し糖尿病にはよくある膵炎と診断され

3日ほど入院しました。その時もかなり危ないと思って

いましたが、先生の治療の甲斐あって無事食欲も戻り

退院、ホッと胸を撫で下ろしたところでした。






2日ほど前から何も食べなくなり、受診したまっている

胸水を抜いて、血糖値も高かったことから一目盛りだけ

インスリンを注射してこれで回復しなければ覚悟しようと

心に決めて帰りました。再び入院もと思いましたが、

先生からは死に目に会えなくても良かったら入院させても

いい、と言われてそれもつらいし、明日良くならなかったら

と連れて帰りました。





帰ってからは胸水を抜いたので荒かった呼吸は

少し治まったものの、いつもとは違う鼻呼吸で

立つことも出来ず、それでもトイレにだけは行き倒れる

ような状態で用を足しに行っていました。

水も飲まず、もちろん食べ物を口元へ持って行っても

受け付けてくれません。






チビはここまで本当によく頑張ってくれました。

最後にわたしがチビにしてあげられることは

苦しみを取り除いてあげることだけ。

今は楽にしてあげたい、その一心で

先生にお願いし送って頂きました。

弱っていたので最後は麻酔だけで静かに眠りにつきました。





チビと出会ってから2年と10か月。あと2ヶ月で3年でした。

先生も糖尿病と心臓病という大きな病気を持っていながら

本当によく頑張った、糖尿病だけでも3年生きるのは長い方、

と言って下さいました。





まだまだ一緒にいて欲しかったのが本音です。

お金がかかっても、どんな状態でも。

チビはわたしの気持ちを察していたんでしょうか、

何度も命の危機にあいながらも復活し、

わたしもその度に覚悟して、それを繰り返し

わたしに諦めがつくよう頑張ってくれました。





3年前、高齢の方が家賃が払えなくなり強制退去、

施設に入られることになられて役所の人からは

猫は飼えないから保健所に連れていくと言われ、

『猫が死ぬなら自分も死ぬ』とおっしゃられて

当時、介護のお仕事をされていたうら若い男性が

僕が引き取ると、一旦引き取られた猫がチビ達でした。






その男性もご家族がアレルギーで、おうちには置いて

あげることが出来ず、職場や車に二頭が置いてもらって

いることを知ってわたしが一時預かりを申し出ました。





我が家も主人の反対があり、里親さんが見つかるまで

実家の父に頼んで二頭を預けることになりました。





ひと部屋に閉じ込めていたはずの二頭が、

実家の天袋から屋根裏にあがって、

そこから壁の隙間に落ちて10日間行方不明。

11日目に、名前も知らなかったので男性に確認してもらって

『ちびぃ〜〜』と叫んだときにかすれた猫の声・・

チビがニャーニャーと返事をしました。







壁に穴を開けてもらって、

10日も飲まず食わずだった二頭は目立った衰弱もなく、

無事に生還してくれました。





その後、チビチビは男性のお知り合いにすぐに引き取られ

いつも一緒にいた二頭、一頭になったチビが不憫で

実家のあと預けていた病院から、思わず自宅に連れ帰って

そこから2ヶ月、里親さんを探したものの高齢猫は

なかなか引き取り手が見つかりません。





そうこうしているうちに、どうも食欲が落ち元気がなくなって

受診したところ、糖尿病と診断されました。

そこまであなたが背負うことはないと言われたことも

ありましたが、二ヶ月手元に置いてしまうと

そこで見捨てることが出来ませんでした。

チビはすっかりわたしの生活の一部になっていたからです。







こうして我が家の猫として迎えたチビでしたが、

家の猫とは相性が悪く血が流れる喧嘩をする始末。

主人が反対していたこともあってチビはわたしの部屋だけで

生活することになりました。主人がチビの顔をまともに

見たことはありません。だからわたしのチビです。






今朝、チビが亡くなったあと何年も連絡を取っていなかった

チビを最初に救って下さった男性に思い切ってメールで

連絡をしてみました。アドレスも変わっているかもしれない、

と思いつつご連絡したところ、お返事が戻ってきました。






******************************************************

返信ありがとうございます。

文面から、わが子のように大事にしていただいてたことが伝わります。
miemamaさんの思いが伝わっていた結果の長生きですね。チビもさぞかしありがとうと思っていたことでしょう。どうか気を落とさないで下さい。

「長生き」、「何度も復活」と聞いて、元の飼い主のおばあさんをすぐに思い出しました。90才近いのに転んでも怪我1つせず、39度の高熱を出しても次の日ケロッとしている、普通では考えられないほど丈夫な方でした。飼い主に似るんだなあと。今思えば、そのおばあさんも、自分の生活をかなり犠牲にしてあの子達と暮らしていました。強制退去の際、「この子らと一緒にホームレスになる!」って言って離れず、2時間以上説得したあげく、僕と担当ヘルパーと区役所の生活保護課の人で「ゴメンなあ〜!」って半泣きになりながら抱えてお迎えのワゴン車へ乗せました。その後部屋へ戻ると、チビとチビチビが凄い声で鳴いていましたね。

チビがいた公団の住民はペット禁止にもかかわらずかなりの世帯が猫を飼っており、皆どの家も、いち家族のように暮らしています。同じ棟の他のお宅での出来事ですが、僕がヘルパーの仕事を辞める際、そのお宅を訪問する最後の日、僕が座っているとピッタリ横をはなれないんです。2年ほど通っているのに始めてみせる行動で、飼い主が、「(今日が最後って)わかっとるんやなあ。」と言ってました。だからmiemamaさんが注いだ手間とか、愛情とか、チビは全部分かってたんだろうなあと思います。僕がこんな事偉そうに言える立場ではありませんが、猫は凄くそういうこと敏感ですよね。ついついあの頃の事を思い出して長文になってしまいました・・・

最後に、何度もくどいですが、本当にお手数お掛けいたしました。ありがとうございました。感謝しております。



***********************************************************






Fさん、チビの元飼い主さんのことをほとんど

知らなかったのでチビのことをまた知ることが出来て

本当に嬉しかった。チビを救って下さってありがとう。

元飼い主さんにもチビが元気にしていると連絡したかった。

連絡先もお名前も分からずいつも残念に思っていました。

チビがその方にもどれだけ愛されていたかが分かりました。







チビがなくなる寸前は早く楽にしてあげたい一心で、

無事に旅立った時には苦しみから助けてあげられた

安堵感でいっぱいでしたが、今はチビがいなくなった

喪失感でまだまだ涙が乾きません・・






いつもわたしを頼りにしてくれ、甘えて添い寝、

つらい時もしんどい時もふと横を見るとチビがいました。

今日までチビを可愛がって下さった皆様、

本当にありがとうございました。






チビがいない生活に慣れるまでもうちょっと

時間がかかりそうです。

チビに出会えたこと、

チビと一緒に生活出来たことに

感謝の気持ちでいっぱい。









090222_2218~0002.jpg
ちーちゃん、ありがとう。






miemama







アリガト アリガト アリガト アリガト アリガト  アリガト




























ニックネーム miemama at 22:53| Comment(19) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日の記事で気になっていたのですが、チビちゃん旅立ってしまったのですね。

ありきたりの言葉ですが、今は、楽になって虹の橋からmiemamaさんを微笑みながら見守っていると思います。
そして最期を看取ってくれたことを感謝していると思います。

しばらくは、涙に暮れる日々が続くかもしれませんが、涙は、凄く力持ちですよね。

チビちゃんのご冥福を祈ります。
Posted by taka2930 at 2009年03月18日 23:26
チビちゃん、とうとう旅立っちゃたんですね。

3年前、お家で行方不明になった時、必死で探されていたmiemamaさんを思い出しました。
あの時は、ご一緒にペット博に行こうと約束していた時で、チビちゃんたちが行方不明だからと予定をキャンセル。
miemamaさんの心痛が痛いほど分かりました。

あれから直ぐでしたよね。
チビちゃんの糖尿病が分かったのは。

里親さんのもとで糖尿病を発症したのではなく、miemamaさんのもとで糖尿病が分かって、チビちゃんにとっても、miemamaさんにとっても良かったんじゃない。
里子に行ってから糖尿病が分かるとmiemamaさんのこと、里親さんに申し訳ないって、また心を痛めることになるからってメールしたことを思い出しました。

チビちゃんは、おばあちゃまに愛され、miemamaさんに愛され、ミトちゃんというお友達も出来て、本当に幸せだったと思います。

チビちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 
Posted by ミャンミャン at 2009年03月18日 23:41
家takaさんへ

いつも気にかけて下さってありがとうございます。
とうとう逝ってしまいました、虹の橋へ。
チビはわたしにとって特別な存在でした。
どの子より手のかかる可愛い子でした。

しばらくは立ち直れそうにないですが、
娘に早く立ち直って欲しい、と言われ
泣いてばかりもいられません。

いつか会えると信じて、また救える子を
救って行きたいです。
Posted by miemama at 2009年03月19日 01:30
家ミャンミャンさんへ

行方不明になってチビがわたしに返事をしてくれて
どれだけ嬉しかったことか・・思い出されます。
あの時は外に出てしまったと思い込み、
あちこちにチラシを配り歩いて
預かった責任と二頭の安否でふらふらでした。
生きていてくれてどれだけ感謝したかわかりません。
今はそれもいい思い出です。

おばあさんのところでチビが糖尿になっていたら、
わたしもそれを考えるとチビを引き取って良かったと
思えます。

体は小さいくせに偉そうででも可愛くて、
もうあんな子には出会えない気がします。
ミトちゃんやほかの子がいるおかげで
慰められます。





Posted by miemama at 2009年03月19日 01:38
とっても悲しいことですが、ママさんが居たから、おばあちゃま(以前の飼い主)、お兄さん(保護された方)が居たから、チビちゃんがこれまで生きてこれたんでしょうね。 人間、猫ちゃん、お互いに支えあって。。。

出会いも、別れも、縁と運命ですよね。 チビちゃんがお星様になっても、夜にはママさんの心にキラキラを伝え続けるでしょう。。。 ご冥福をお祈りします。
Posted by MiMi at 2009年03月19日 08:33
チビちゃん気になっていたのですが、とうとう旅立ってしまったのですね。
私もチビちゃんには会ったことがないけど、リアルタイムでmiemamaさんのブログ読んできているのでやっぱり悲しいし寂しいです
(;_;)
自分ちの「家族」が旅立つと悲しみ、寂しさ、感謝など、色々な感情が入り乱れますよね。
でもやっぱり最終的に行き着くのは「感謝」かなぁって思います。

チビちゃんに関しては行方不明になったときと、旦那さんに飼うの反対されてたときは私も胸が痛かったです。
でも一緒に過ごせてよかったですね。

チビちゃん安らかに。
そして会ったことはないけど、思い出をありがとう。
虹の橋からmiemamaさんの活動見守ってあげてね。
Posted by 璃子 at 2009年03月19日 09:23
家MiMi様

おっしゃる通り、チビの場合は命のリレーでした。
運のいい子で何度も命が危うくなりながら、
それでも助けてもらって子です。
ふとした時にさみしさが押し寄せてきますが、
これも時間が解決してくれるかなと
自然に気持ちが落ち着くのを待とうと思います。

Posted by miemama at 2009年03月20日 08:58
家璃子様

璃子さんにもチビのことはずいぶんご心配して頂きましたね。

チビの命が消える瞬間、わたしはずっとチビの耳元で
ありがとう、ちーちゃんありがとう、と
聞こえていないかもしれませんが言い続けました。

感謝の気持ちと、でもやっぱりいなくなって
さみしい気持ち、もう少しすればきっと
感謝の気持ちが大きくなるんでしょうね、
今はさみしい気持ちの方が大きくなってしまいます。

わたしの部屋に入るのが億劫、入ると
チビのものがたくさんあって見るたびに
泣けてきます。
長毛だったからあちらこちらにチビの毛が
洋服などについていっぱい、
見るとダメですね。
自分でもこんなにさみしくなるなんて
予想外でした。
チビはもう嫌がるお薬も飲まなくていいし、
大嫌いな病院にも行かなくていいんだからと
言い聞かせています。
Posted by miemama at 2009年03月20日 09:05
家メールを頂いたT沢様、N嶺様へ

個別にお返事するところなのですが、
申し訳ありません。
温かいお言葉を頂きましてありがとうございます。
猫を愛するお二人だからわたしの気持ちをよく
分かって下さって慰められます。

今はチビの写真を見るとダメになるので、
落ち着いたらチビの写真を部屋に飾ろうと
思います。

こちらでのお礼で申し訳ありません、
本当にありがとうございます。
Posted by miemama at 2009年03月20日 09:10
miemamaさん、大変ごぶさたしています。miemamaさんのボランティア活動の様子は、いつも読ませてもらっています。

ちびちゃんのご冥福を心より申し上げます。
今回の記事を読みながら、ちびちゃんとちびちびちゃんを巡っては、本当に色々なことがあったなぁと、思い出しました。
ちびちゃんは、miemamaさんと一緒にいるために、miemamaさんと出会ったのだと思います。初めの飼い主さんとは別れなくてはならなかったけれど、miemamaさんと過ごした時間を満足していたと信じます。

昨年の暮れにくりたが天国に帰って行きました。散歩に行くために一歩踏み出して、そのまま旅発ちました。今、くりたは天国で昔の仲間達と楽しく過ごしています。そして、私の元には、子犬のメリーがいます。この子は、山に捨てられていたところを保護された子です。私は、くりたがメリーに会わせてくれたのだと思いたいです。本当のことを言えば、今になってからのほうが、くりたにまた会いたいと感じます。直後の頃は、くりたの名前を口にすることも、写真を見ることも嫌でした。でも、時間が経つに連れて、ごく自然にくりたが私の生活の中に戻ってきています。
ちびちゃんも、必要な時間を経てから、よい思い出をmiemamaさんに運んできてくれると思います。待っていてあげてください。

長くなって、ごめんなさい。
ちびちゃんは、「ありがとう!」って、言ってますよ。
Posted by happycats at 2009年03月21日 21:07
家happycatsさんへ

本当にご無沙汰しています。
コメント、涙しながら読ませて頂きました。

くりたくん、そうでしたか去年虹の橋を
渡って行かれたんですね。お家に入れられて
まだまだ長生きしてくれると思っていたのに

今はそうですね、写真を見るのはまだつらいです。
思い出せないくらい忙しいといいのですが、
いつもチビに注射やお薬を飲ませるために
早く帰宅せねばならなかったのに、
今はそれもなくなって家に帰るとチビがいない、
今日もそんな思いで帰ってきました。
わたしにとっては注射も薬も手間だと感じた
ことがありませんでした、不思議ですね。

今は保護猫を含めて8頭ほどいますが、
その中でもチビは特別、舞台で言えば
主人公でした。主人公がいなくなって、
心にぽっかり穴があいてしまいました。

あんなに可愛い子にはもう二度と出会えない、
なんてマイナス思考・・
でも本当にチビ独特の癖やしぐさや
ひゃるひゃるとおいしそうな音を立てる食べ方なんて、
もう可愛くていとしくてもうあの子に会えないのかと思うと
残念で仕方ありません。

保護した時には今から5年は生きて欲しいと
思ってきました。
もう少し出会いが早ければと何度思ったかわかりません。
3年は短かったけれど、わたしとチビにとっては
凝縮された3年だったと思います。

おいしいものをいっぱい食べさせてあげられたし、
いつもチビを愛していたし、公園の子に比べたら
チビはどれだけ幸せだったかと思います。
いつか、わたしもチビの写真を見たいと
思える日が来るようになりたいです。

Posted by miemama at 2009年03月21日 23:04
遅まきながら、チビちゃんが旅立った事を今知りました。
チビちゃんもmiemamaさんも、お疲れ様でした。
チビちゃんは何度も何度も「復活」していましたね、本当に頑張りやサンの猫サンだと思いました。でも、何よりmiemamaさんともっと一緒にいたい!っていう気持ちが強かったんではないでしょうか。
確か気の強いおばあちゃんでしたよね、チビちゃん。いつも目に力があり、毅然としてましたね。
miemamaさん、「悲しいから思い出したくないな」って思っていても、気が付くと旅立った子の事を考えて泣いてしまっているものです。でも、それはそれでいいんだと思いますヨ。泣きたい時はたくさん泣いて、チビちゃんに「寂しい」って訴えてもいいと思います。
チビちゃんの肉体はなくなっても、チビちゃんの心や「チビちゃんと一緒に暮らした」という事実は絶対消えません。
きっと、感謝の気持ちいっぱいで、ずっとmiemamaさんのそばに寄り添っていると思います。
なかなか立ち直れないと思います(私もまだ立ち直れてないし)。でも、無理に「元気出さなきゃ」などと思わないでくださいね。miemamaさんは頑張り屋さんですから、そこがちょっと心配です。

今頃は頼りないサビちゃんに、お空の案内をしてもらっているかもしれませんよ。

チビちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。チビちゃん、ありがとね。
Posted by union-jack at 2009年03月23日 16:59
家union-jackさんへ

コメントありがとうございます。
以前はちょくちょくブログにもお邪魔して
いたのですが保護活動ですっかりご無沙汰しています。

チビが亡くなった時、union-jackさんちの
さびちゃんを思い出しました。
あの時、サビちゃんのために決断された選択は
正しかったし、わたしも同じようにいつか
チビを送ってあげようと思い続けていました。
わたしもunion-jackさんもあの子達と出会ってから数年の
お別れになりましたね。
保健所で亡くなっていてもおかしくなかったはずなのに、
おうちで看取れただけでも幸せなはずなのに、
一緒にいるとどんどん欲が出てしまって
もっと傍に居て欲しかったとか、看取れた喜びよりも
さみしさが大きくなってしまいます。

車を運転していると、ふと右肩にチビがいるような
気がするんです。心配していてくれるのかな。
チビはわたしにとっていつまでも自慢の愛猫です。

Posted by miemama at 2009年03月24日 00:22
チビちゃん、天国に旅立ったのですね。
チビちゃんが重い病気を抱えながらも穏やかに暮らせたのは
miemamaさんがいたらばこそ。miemamaさん、ご苦労様でした。

思えば、間近でチビちゃんに出会うことができました。
そのとき、お薬などを見て、私ならここまでお世話をしてあげられるだろうかと、本当に頭の下がる思いでした。

チビちゃんに注がれたお気持ちを思うと言葉もありませんが、
チビちゃんはmiemamaさんの温かい気持ちに包まれた船に乗って旅立ったと感じます。
今頃は夢の世界で、私の大切な人は地上でがんばっているのよ!と
きっと自慢していると思います。

チビちゃんのご冥福をお祈りします。
Posted by iharaja at 2009年03月27日 07:27
家iharajaさんへ

お返事遅くなってごめんなさい、
チビを可愛いと言って下さってたこと
本当にうれしかったです。

我が家に遊びに来てもらっても、みんな
隠れてしまって見てもらえるのはみぃと
チビだけ・・

みいは気まぐれですから寄ってきたかと思うと
ウーッとうなったりするのでどうぞどうぞとは
言えなかったんですが、チビだけは誰にでも
スリスリと甘えて我が家でたった一頭、
皆さんに可愛がってもらえる自慢の愛猫でした。

もう少し、あともう少しとチビにしんどい思いを
させてしまったこと、ちょっぴり後悔。
手元に置きたくて、傍に居て欲しくて
チビにはかなり無理をさせました。
チビが本当にしんどそうにした時に、
自分の気持ちは二の次と決心がつきました。

チビに似た子がいたら飼いたくなるだろうな、と
亡くなる前は思っていましたが、
やっぱりチビはチビでしかなく
かけがえはないのですよね。
あの子の代わりはいないかな、と今は思っています。
Posted by miemama at 2009年03月27日 22:25
こんばんは、Marcです、お久しぶりです。
記事を読んで涙が出そうになりました。
愛していた猫が亡くなってしまう悲しみは、
言葉では言い表せないでしょうね。
特にそうして色々な経緯があれば余計。
自分が軽々しく言うことではないかもしれませんが、
ご冥福をお祈りいたします。

さて、長野でネットも再開しました。
またよろしくお願いします。
こちらはまだ寒いせいかもしれませんが、ノラはほとんどいなく、
外で見かけるのも殆どが飼い猫だそうです。
ずいぶん事情が違うものです。

そう、ミケちゃん保護されたそうですね。
嬉しくて、それも涙が出そうになりました、
大げさな、なんて、本トですよ。

ありがとうございます。

ダラダラと長い文面になってしまいましたが、
これからのご活躍、陰ながら応援しています。
Posted by Marc at 2009年03月28日 23:10
家Marcさんへ

すみません、コメントに気付かずお返事遅くなりました。

チビの記事、読んで下さったのですね。
保護してから糖尿病になったと分かった時には、
先生は5年も覚悟(治療も費用も)出来ますか?
とわたしに聞かれました。
治療費も看護も5年は大変かとも思いましたが、
それがいつの間にか最低5年は生きて欲しいと
言う気持ちに変わりました。
チビは保護されて幸せだったに違いありませんが
もう少し一緒にいたかった、いてあげたかったです。

三毛ちゃん、病院に保護されています。
今日は駅前にいたおなかの大きな三毛猫さんと
花の谷にいたサビ猫ちゃんが保護されましたよ。
しかも今朝は赤ちゃん4匹捨てられて保護しました。

いつになったら野良ちゃんはいなくなるんでしょうね、
長野は寒いから野良さんはいないのかな?
おうちの猫さんは好きな時に外にいて
寒くなったら帰るおうちがあるから・・

ノラちゃんお好きなのにさみしくなりますね。
Posted by miemama at 2009年03月30日 22:17
ご無沙汰しています。たまごちゃんの件で
お世話になっためめこです。
以前、話でうかがっていたお部屋飼いの
チビさん、天国へ旅立ったのですね。
この記事読んで泣いてしまいました。
私はまだそんな経験した事ありませんが
お気持はお察しします。
たくさんの人がチビさんにかかわって
たくさんの人に愛情を受けて生きて
これたんだから、今頃チビさんは
天国で幸せな気持ちで
miemamaさんに手を振っていると思います。
Posted by めめこ at 2009年04月05日 17:15
家めめこさんへ

お久しぶりです。
たまごちゃん、貰って頂いてからもう一年以上
になりますよね。お元気そうでいつも
ブログを楽しく拝見させて頂いています。

とうとう逝ってしまいました。
未だに思い出しては泣きたくなることも
あります。夢で逢いたい、出てきて欲しいと
ついさっきも思い出していたところです。
でもそう願う時に限って出てきてはくれないんですよね。
きっと今出るとわたしが悲しむとでも思うのでしょうか、
なぜか願っている時には夢でも逢えないです。

たまごを貰って頂いた時、実は猫は苦手、
と聞いていたのに、
今やすっかり猫好きさんになって下さって
本当に嬉しくてほかの方にも自慢しているんですよ。

あの時、京都の多頭崩壊のお宅から連れ帰って
本当に大変だったけれど今こんなに幸せになって
くれて心から良かったと思えます。

いつか、どの子ともつらいお別れが待っているけれど
それまで精一杯可愛がって、命を全うして
欲しいと願います。

めめこさん、ありがとう。

Posted by miemama at 2009年04月11日 00:41