2009年12月25日

師走のあわただしい時に




クリスマスを過ぎると一気にお正月モードですね。


今年も数数えればきりがないほどの
多くの猫達をもらって頂いて、
幸せを掴んでくれました。
皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。



公園猫もまだまだ捨てられていますが、
それでも猫の幼稚園さんやボランティアさんによって
たくさんの命が救われました。




こちらでは、個人宅に20頭〜30頭、理解のある獣医さんが
提供下さっている保護部屋にも30頭近く、
本当のおうちを待っている子達がまだまだいます。




病院のお世話をしているボランティア宅では
9キロ入りを買っても4日で無くなります。
病院の猫達のフードはそれに加えて
一日に2キロ入りが空になります。





トイレは猫砂ではなくシーツトイレで、
一日に40枚のペットシーツが消耗されます。





ご家庭の大掃除の際、
ご不要のフードや、ペットシーツが
眠っていましたら保護猫にご寄付頂けないでしょうか。

フードはドライ・ウェット・銘柄は問いません。



コメント欄からお申し出頂きましたら
あらためてこちらからご連絡いたします。





091220_1634~0001.jpg
先日親子3頭で捨てられたうちの一頭です。
寒い寒い中、兄弟二匹で隠れる場所のない
公園の片隅で風邪をひいて震えていました。




不況の波は遺棄にも影響しています。
わが身を守るためには捨てるしかないんでしょうか。
しわ寄せがくる物言えない動物達が不憫です。




******************************************************








ニックネーム miemama at 09:50| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント