2010年07月18日

ラブラドールその後。


更新が怠ってしまい、ご心配お掛けいたします。

ラブラドールのその後の経過です。




先週の月曜日に保健所より引き上げる予定でしたが、

いざUさんと預かり下さる方が施設に行かれると、

連絡ミスからか、まずは役所に行って手続きを踏み、

その後、決められた日以降に引き取ると言うことが

判明したそうです。



Uさんもお休みの日にわざわざ行かれ、

また人を連れて出向いておられたので、

大変残念がっておられて動揺しました、と

言われておりました。



ですが、必ず引き上げると言うお約束に

なっているそうで、施設から連絡があり次第、

お迎えに行って下さるそうです。




Uさんのお話だと、二頭ともメスで、

一頭は少し臆病な子、もう一頭は

とても人なつこい子だそうです。

どちらもおっぱいがパンパンに張っていて、

少し離れた場所からも産後だと分かったそうです。





おそらく繁殖用に飼育され、年齢的に

繁殖がむずかしくなり捨てられたんでしょう、

とのことでした。




このようなことがあると、

やはり日本の生体の繁殖や、販売などの

規制や法律の甘さがこうして動物達に

しわ寄せとなって返ってきます。





ブリーダーを厳しく取り締まり、

条件を与えてもっと監視の目を持って

頂きたいと切に望みます。



先日、ご寄付をお申し出下さった

おふた方には先ほどメールを

お送りいたしました、Uさんも大変

助かりますと言っておられました。

こちらの記事を転載下さった方々を含め、

ご協力、本当にありがとうございました。




******************************************

ニックネーム miemama at 22:36| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント