2010年07月28日

チョコラブちゃん





ご報告が遅れました。


二頭のうち、一頭が無事に施設から

正式に譲り受けることが出来ました。

Uさん、奔走下さって本当にありがとうございます。


Image0461.jpg
血液検査も異常なし。フィラリアもマイナス。
1歳から2歳とのことです。若い。
すでに何回か出産してるかも…とのこと。







Image0491.jpg
助けてもらえてよかったね・・






Image0521.jpg
久しぶりに見るいい子です。
ほぼ初対面と言っていいのに、
大人しくシャンプーさせてくれて、
足を洗ってもお尻を洗っても尻尾を振って喜び、
身体をふくときにはお腹を見せて大喜び。

なんでこんないい子が捨てられたのか
里親様、すぐに見つかると思います。
(Uさんからのメールより)











Image0561.jpg
おいしいご馳走もらってるのかな、
舌なめずりしています。
すでに里親候補さんから数件の
ご応募が来ているそうです。





もう一頭には、Uさんが必ず迎えに来るからね、
待っててね、と声をかけて来られたそうです。





そして昨日。
Uさんからの突然の電話。
沈んだような声のトーンから、
何かあったと察知・・



「今、施設から電話があって
もう一頭のチョコラブが今朝亡くなったそうです」
涙声のUさん。わたしも驚いて、救われる命だったのに
なぜ?どうして?暑かったから?さみしかったから?



施設からの説明は下痢はしていたけれど、
原因は不明とのこと。Uさんいわく、
空調は効いていたそうで熱中症などではなさそう。




こんなことなら、先に怖がりだったあの子を
引き出してあげればよかったと泣きながら
おっしゃったUさん。不憫すぎる。





この知らせを聞いて数時間後、
またUさんからの電話。
「さっきのは誤報です!チョコラブ生きてます!」
施設の担当者のミスで、別のゴールデンが
亡くなったのを、チョコラブだと思ったそう・・



どこの施設とは言いませんが、
もしそれで手違いで処分されていたら?
謝って済む問題でしょうか。
手違いのないように、管理して頂きたい。


Uさんによると、付けていたリードや首輪も
施設に行ってすぐ処分されてしまったそうで
まだまだ使えるものだったのに、
せめてそれで区別が付くならわざわざ
外さなくても?素人考えですが・・



亡くなったゴールデンも、
おそらく飼い主もしくはブリーダーに
捨てられた子でしょう。
飼い主を想って、施設でひとり
亡くなっていったのかと思うと
胸が締め付けられる思いです。



残りの一頭は週末にも
こちらに保護される予定だそうです。
ご寄付、フードのご支援にご連絡頂いています。
今月分としてまとめて収支をご報告させて頂きます。



皆さん、本当にありがとうございます。
一日も早く、こちらでチョコラブ達が
本当のおうちを見つけましたと、
ご報告出来る日が来ますように。





*********************************************








ニックネーム miemama at 09:54| Comment(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チョコラブちゃん、生きていてよかったです!でも亡くなった別のゴールデンを思うと・・。
かわいそうな命を救っていただきありがとうございました。2頭とも良い家族に巡りあい、幸せになれますように!!


Posted by azu at 2010年08月04日 12:39
ほっとしました…が、亡くなった子や他の子の事を考えると手放しでは喜べませんよね。っていうか、ずさん過ぎますよね〜。間違えるか、普通…。助けようと思ってくれてないのですかね。
子供産ませて捨てるなんて鬼畜ですね。捕まえて刑に処してほしい。この子たちはまだ、運が良かった。幸せになってほしいです。
Posted by ゆう at 2010年08月05日 07:11