2007年04月06日

赤ちゃん





4nyan.jpg

先日、保護された4にゃんのかわいい赤ちゃんに

たくさんの応援メッセージ、本当にありがとうございますかわいい










kijichibi.jpg

今朝、4にゃんの中でも一番大きかった

キジの子一頭が亡くなったとお電話がありました。

きのうのお昼はミルクを飲んで、昨晩は飲まず

朝、動かなくなっていたそうですもうやだ〜(悲しい顔)





写真はお預けに行った時に撮ったもの。

目が半分くらい開きかけていました。




経験から腎臓の感染症かもしれないとのこと。

ほかの子はすぐに病院に連れて行ってくださいます。

グレーの子もへその緒の辺りが少し化膿していて

少し心配しています。




小さすぎて抗生物質はたぶん使えないだろうとのお話。

今のところほかの3頭は元気です。

その子の持つ生命力、あとはケアくださっている方の

手厚い看護とお薬の力で何とか無事に

育ってもらいたいと祈るばかりですぴかぴか(新しい)

ニックネーム miemama at 10:24| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かわいいですね

実はミクシィで
黒猫のあかちゃんを探してる人がいるんです
ただ、完全に離乳後のこを探してるみたいです

もし、よければ子猫ちゃん希望の方をご紹介いたしますが…
Posted by みゆ at 2007年04月06日 17:59
揺れるハートみゆさんへ

みゆさん、ありがとうございます〜
お渡し時期は、里親候補さんに合わせたいと
思っています。離乳後も少なくとも一日3回は
離乳食を与えてもらうことになるので、出来れば
おうちにいらっしゃる方を探していますエサ

ただ、今日一頭が亡くなってほかの子が元気に
育つ保障がないのでもうしばらくは募集は待とうか
と思うんです。一時預かりの方も亡くなるのは
自分のところで、といつもおっしゃいます。
望んで貰ってくださるおうちで亡くなるのは気の毒だからと。

本当にありがとうございます。
ほかにもきっと黒猫赤ちゃんはいるでしょうから、
先にもらっていただいてくださいね。
もし、募集になった時にまだ探しておられたら
その時にはぜひぜひご紹介くださいアリガト
Posted by miemama at 2007年04月06日 18:10
本人も急いではないようなので
募集のときにお声かけください

黒猫ちゃんって探すとなるとなかなかいないものです
里子候補さんはいたんですけど、保護された方が飼う事になってしまったようで
それでそんなに急いでなければということで探させて頂いてます

1匹なくなると不安ですよね
お気持ちはわかります

あたしも去年の夏に預かった子はいきなりでしたし…

保護主さんにがんばってくださいとお伝えくださいね

あたしもいよいよ引越しやらで忙しくなりそうです

Posted by みゆ at 2007年04月06日 18:18
残念です・・・顔(泣)
目も開かないうちに親から離れて・・・
本当に可哀想もうやだ〜(悲しい顔)
なんとか他の3ニャンは亡くなったコの分まで
幸せになって欲しいです。
ご冥福をお祈りします。
Posted by  さり子 at 2007年04月06日 18:39
猫みゆさんへA

そうなんですね〜
では離乳が終わった時点でぜひ、お声掛けさせてくださいねexclamation
お引越し、わたしはもう二度とイヤデスたらーっ(汗)
普段から要らないものは処分しておけばいいのに、
かなりいろいろとありましたから。
娘の成長と共に使わなくなる物も出てきたり。
ココに越してからは整理整頓を誓いました、、手(グー)
お仕事もおありだしどうか早め早めに、
わたしのようにためるとシンドイですいす
Posted by miemama at 2007年04月06日 18:42
プレゼントさり子さんへ

キジのどちらかは覚えてないんですが、保護された日
一生懸命兄弟のおっぱいを探してたそうです顔(泣)
母猫もすごく探しますからそんな愛猫を目の前で見ていて
かわいそうじゃないんですかねっちっ(怒った顔)

あとの3にゃんは今朝、病院に行っています。
一緒にいたからといって必ずしも感染するとは限らない
そうです。お外にいても育つ子は育つし、
家の中で人間がいくらケアしても亡くなる時もあるのですよね。
Posted by miemama at 2007年04月06日 18:47
・・・とっても悲しい。
せっかく助かったと思ったのに・・・。
運命とはいえ、残酷ですね。
どうか他の子達は大丈夫でありますように。

亡くなってしまったコが、今度は優しい家族の元に生まれ変わってこられる事を祈ります。
Posted by ティンパパ at 2007年04月06日 19:10
何故こういう悲しいことが起きてしまうのでしょうか。
いつもながら、辛いですね。
せめて、ほかの子たちがすくすくと育ち、
幸せな家族に出会えますように。
Posted by iharaja at 2007年04月06日 21:32
小鳥ティンパパさんへ

まったく予想外の展開でしたもうやだ〜(悲しい顔)
元気にミルクを飲んでいると聞いていましたし、
弱っている様子もなく安心していたんです。。。
ただ苦しまずに、もし苦しんだとしても何日も
かわいそうな目に遭わさずに逝ってくれたと思いたいです。
キジの二匹はほかの子よりも鳴き声も大きく、ミルクも
飲んでいるようでしたから、それも一番体の大きな子
がこんなことになるなんて。あとの3頭は、何とか無事に
里子に出してやりたいですぴかぴか(新しい)
Posted by miemama at 2007年04月06日 21:46
クマiharajaさんへ

こんなことってあるんですね。
4にゃんとも保護した時には、目にも鼻にも異常は
見られず風邪をひいているなどの様子も全くなく
グーグー寝ていたんでまさかこんなことになるなんてたらーっ(汗)

以前、同じように朝飲まなくてその日の晩になくなった
子がいたそうなんですが直前まで母猫が育てていた
そうなんです。やはり母猫でないとダメ?とも思ったんですが
そうでもないらしいです。
グレーの子は決まっているし、黒の子も上にコメント
くださったみゆさんの知人の方に貰ってもらえるかも
しれないので何とか上手く育って欲しいですかわいい
Posted by miemama at 2007年04月06日 21:51
これは、大変ですね・・・
ぴーちゃんを保護した時もちょうどこんな感じでした。
私が仕事を辞めたばかりで時間がたっぷりあったので、24時間つきっきりで2時間おきに、ミルクあげたりトイレさせたり、一緒にお昼寝して夜寝て遊んで・・1にゃんでかなり大変でしたからね・・

キジニャンコの分、他の子たちは、がんばって元気に育って欲しいと願います。
ガンバ!o( ̄へ ̄o)(o ̄へ ̄)oガンバ!
Posted by ぴーママ at 2007年04月07日 04:35
悲しいですね。

猫って結構元気そうに見えてもわからないですよね。
仔猫なら尚そうなのかもしれませんね。
うちのプーも検査するまで腎臓が4分の1しか機能してないだなんてわかりませんでしたからね。

他の3匹には亡くなった仔の分まで生きて欲しいです。
Posted by 璃子 at 2007年04月07日 23:28
こんにちは
私もここのところPCから遠ざかっていました^_^;
4月に入った途端こんな風に目も開いてないコが
保護されるなんて・・・
はっ!もしやtakaさんのところ大丈夫かな
この後すぐ伺ってみよう。

一番大きいコが亡くなるなんてびっくりです
大抵小さいコの方が不安に思うものですよね
他のコは亡くなったコの分まで頑張って欲しいです
Posted by umi at 2007年04月08日 18:26
アートぴーちゃんママさんへ

はい、どうすればいいか迷いました。
我が家で預かれればいいんですが、以前預かった
際にみぃとクゥがカリシウイルス感染症にかかって
しまって・・
それからは主人が出入り禁止令を発令Bad
ウチでは預かってあげられないんですよ。
保護主さんも猫は飼ったことのない高齢の方で、
とても4頭を無事に育てることは出来ないと
おっしゃって、心当たりをあたってベテランの
一時預かりさんにお預けしました。
今まで何十頭とお世話されてきた超ベテランです。
この方に任せておけば大丈夫exclamation
キジちゃんはかわいそうでしたがこれも運命だった
と思っています。
Posted by miemama at 2007年04月08日 23:23
位置情報璃子さんへ

そうですね。
小さい子は食べるか食べられないかが勝負の分かれ道エサ
一ヶ月くらいでこんな風に亡くなる仔もいるそうです。
おとなしそうでいい子だなと思っていたら、それは
弱っていただけだったとか。ただ、キジの子は
4頭の中でも元気がいいと思っていたのでショックでした。

プーちゃん、元気にしていますか?
お薬とフードで長生きして欲しいですかわいい
Posted by miemama at 2007年04月08日 23:29
くつumiさんへ

わたしもブログ更新が精一杯でたらーっ(汗)
せっかく助けてもらった命、残念で仕方ありません。
保護された時にはこれで4つの命が救われたと
思ったんですけどね。
赤ちゃんの間はよくあることみたいです。
だから猫はたくさん産むんですよね。
保護された時に保護主さんがミルク缶だと思って
離乳食の缶を買ってらっしゃって、どうしてこの
ミルクはこんなに溶けないんだろうと思っていたら
次の日、預かってくれる方に指摘されましたがく〜(落胆した顔)
少なからずわたしもパニックになっていたみたいです。
Posted by miemama at 2007年04月08日 23:36
その後3にゃんは、どうでしょうか?
順調に育ってほしいです。
なくなったきじちゃん 本当に残念です。
こういう記事を見るとついついレンやてんのことを思い出してしまいます。

それにしても捨てる人は、どんな育ち方をしてきたのでしょうか?
信じられません。
Posted by taka2930 at 2007年04月09日 20:01
演劇takaさんへ

takaさん、かわいいお菓子ありがとうございました。
無断で記事にしてしまいましたー(長音記号1)
お仕事、お忙しいのに申し訳ないです。
あんなかわいい招き猫さんのお菓子のお店がある
なんてちょっとうらやましいなわーい(嬉しい顔)

その後、3頭は元気にしているようです。
保護された時は目に見えるような症状は全くなく、
人の家で生まれただけに蚤もいないし目鼻もきれい
な子達でした。

捨てる人、きっと誰かが拾ってくれるだろう、大人猫
ならノラとしてどこかでエサをもらって生きて行くだろうと、
安易で他力本願な甘っちょろい考えで捨てる
んでしょうねちっ(怒った顔)同じ人間なんだと思うと
悲しくて申し訳なくて猫に謝りたい気持ちです。
Posted by miemama at 2007年04月10日 00:43
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/798852
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック