2006年03月08日

保護ねこちゃん



先日こちらで保護ねこちゃんのためのご協力をお願いし、

送っていただいたたくさんの物資プレゼント

今日は、第一便をお届けに病院へ車(RV)





保護ねこちゃんへ.jpg

こんなにたくさん頂きました。(一便だけでこんなにっ!)

iharajaさん、takaさん、ミャンミャンさん

温かいお気持ちと物資をありがとうございましたっもうやだ〜(悲しい顔)

来週そうそうにも第二便をお届けします。




先週、保護したキジトラちゃんの最新スナップカメラ


キジトラちゃん.jpg

はじめは怖がっていたキジトラちゃん。

今では、手を出すとクネクネし始めるそう顔(笑)





キジトラちゃん2.jpg

人になつこそうなかわいこちゃん猫

優しい里親さん、迎えに来てねっ揺れるハート






具合の悪かった黒猫兄弟。

一匹は看護の甲斐なく天国に行きました。

もう一匹は奇跡的に回復したそう。




くろねこちゃん.jpg

ものすごく性格のおとなしい猫ちゃんです。

兄弟の分までしあわせになってねぴかぴか(新しい)





白ママちゃん.jpg

↑の黒猫ちゃんのお母さん。とってもキレイな白猫さんかわいい



午後は捕獲器を借りて、クゥのママを保護へ。

期待をよそに警戒心のかたまり顔(え〜ん)

代わりに新入りの黒猫ちゃんが入ってくれた。




ボランティアのおおたさんからのメール。

保護した黒猫ちゃんは女の子で、

なんと妊娠中だったとのこと・・・

まさかの妊娠。衝撃だったふらふら



あの場所で赤ちゃんが生まれたとして

また不幸な猫ちゃんが増えてしまうだろう。

交通事故にあうか病気になるか。小さければ虐待もありえる。

ねこの神様が、『クゥのママより、この子が先よ』

と手招きしたのかもしれない顔(チラッ)




ニックネーム miemama at 22:00| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ノラちゃん−二度目の面会と先生のお話−



今夜もノラちゃんに会いに病院へ猫

お腹が空いたのか大きな声でにゃぁにゃぁ鳴いている。

きのうよりもっと元気になったような気がする。

食べ過ぎで便が柔らかかった顔(ペロッ)




寒さ対策にとねこのきもち12月号で紹介されていた、

発泡スチロールで作ったキャットハウスを提案した。

先生のお話だと、爪で引っかいたりしてボロボロに

してしまうかもとのことだった。

わたしにしては珍しくひらめいたひらめき

と思ったんだけどなぁ〜〜



ねこちゃんの様子を見ている間、

先生とボランティアのお話をするうち

出てきた言葉 『安楽死』。

人によって考え方はいろいろで、

先生は基本的に反対だが目の前でもがき苦しむ

姿であればそれは楽にしてあげることもあると

おっしゃっていた顔(チラッ)




アライグマは国の法律で害獣に指定されて

いると先生。理由は農作物を荒らすから。

見つければ必ず安楽死しなければならないもうやだ〜(悲しい顔)


raccoo2s.jpg



人間の勝手でそうすることが正しいとか間違っているとか

議論する以前に法に従わなくてはならないと言う。

都心では見ないアライグマも日本全国では身近だそう。

ねこ以外にもそんな現実があるのかと悲しくなった。




猫だけじゃなく、全ての動物との共存は限界があるのかな。

これから先も人間様の犠牲になるんだろうか・・・




先生はアライグマをいかにして楽に逝かせるかを、

議会で毎晩のように話し合われているとのことだった。

もし生まれ変わってもわたしは獣医さんにはなれそうにない。




ニックネーム miemama at 21:07| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ノラちゃん−今日の様子−





二日ぶりに保護したキジトラちゃんとご対面顔(笑)



目やにもキレイに拭いてもらって、

おとといとは見違えるよう。

お目目がクリクリとして、とっても美少女ぴかぴか(新しい)



保護した翌日から体温も上がり、

ドライフードをモリモリ食べて、

そのあとカルカンデリカスタイルを

ほとんど一袋を完食エサ

鼻水じゅるじゅるだけど、

もう大丈夫だよね、キジトラちゃん。

錠剤のお薬も上手に飲んでくれていましたくすり




病院に一時預かりされているねこちゃんは、

このキジトラちゃん以外にも5〜6匹。

そのうち5,6ヶ月の2匹の黒ねこちゃんは

この二日ほど嘔吐が続いているそうだ。

しんどそうで水も飲めない様子たらーっ(汗)




病院は暖房が入らないので、

春はそこまで来ているけれど、

まだまだ底冷えのするお部屋。

特に夜は寒さが堪えるのだとか。

フリースや敷き毛布のハギレを敷いて、

その下にはホットカイロ。



暖かいお家にもらわれる日まで、

みんなここで待ってるんだね顔(チラッ)




****ブログを見てくださっている皆様へ****



使用済みの薄い敷き毛布やフリース生地などを

無理のない範囲で寄付いただけますと喜ばれます。

ホットカイロ等、電気を使わないで暖を取れるもので

不用なものを寄付いただけましたら下記のアドレスまで

ご一報ください。



特に具合の悪い黒ねこちゃん達は、敷物の上に吐いて

しまうので毎日お取替えされています。

もうしばらく寒い日が続きます。

ご協力のほどよろしくお願いしますかわいい
       ↓
メールmieandque@yahoo.co.jpまで。




たくさんの皆様から寄付のご連絡をいただき、

温かいお気持ちに大変感謝しております。

一旦、これで締め切らせていただきます。

ご協力いただき、本当にありがとうございました。



お送りいただいたお品物は、

必ず病院の方へ持って行かせていただきます。

後日、こちらでご報告いたします。



               2006.3.4 miemamaわーい(嬉しい顔)





ニックネーム miemama at 21:22| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

ノラちゃん−中間報告−



今日も朝から日曜と同じどしゃ降りの雨雨

仕事帰りにあのキジトラちゃんがどこかで

うずくまっているんじゃないかと

いつもよりじっくりと探してみたが見つからない。





しばらくたって娘を駅まで迎えに行く途中、

わたしの携帯電話が鳴った。

クゥを一緒に保護してくれた猫仲間のIさんからだ。

わたしが見た仔猫によく似た仔を

あの場所から5分も離れた駅までの道で見たと言う。

そこはどなたかが植え込みに傘をさして、

ノラちゃんのえさ場にしている場所だった。




時刻は6時半。外はもう真っ暗。

それでももしかすると・・という期待をもって

娘を乗せたその足でそのえさ場へ行ってみた。

暗闇の中、いた!あのキジトラちゃんだもうやだ〜(悲しい顔)

呼びかけると向こうから寄って来た。




『お母さん、捕まえられるんじゃない?』

と言う娘の一言に後押しされてそーっと手を差し伸べた。

キジトラちゃんはすんなりとわたしに取り上げられた。

そこから病院へ直行ー。






ノラちゃん.jpg

雨でずぶ濡れのキジトラちゃん。推定3〜4ヶ月の女の子。

鼻がズルズル、目やにで目があまり開かない。







ノラちゃん2.jpg

雨で体が冷えきったのか、

体温が37度まで下がっているとのこと。

あまり動かないし、危険な状態だそう。






すぐに先生に点滴と注射を打ってもらった。

朝晩しかも毎日、隣の市からボランティアの

女性が通っておられるとのこと。

体を拭いてくださった。その方のブログです。
             ↓
『猫は小判』さんhttp://nekohakoban.a-thera.jp/




ぴーちゃんママに教えてもらった、

『猫の幼稚園』さんhttp://nekonoyoutien.a-thera.jp/

ともお友達だそう。ここからねこの幼稚園さんにも何匹か

里子にだしているとのこと、本当に頭が下がる思い。





あとは、先生にお任せするしかない。

キジトラちゃんの生きる力を信じて待とう。

元気になったら里親さんを探してもらおうね。

小さな命がどうかどうか、助かりますように。

三溝獣医科の三溝先生、どうかよろしくお願いしますっ!




ニックネーム miemama at 21:13| Comment(38) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

ノラちゃん−その後−



今日は朝からどしゃぶりの雨雨

朝、仕事に行く前にノラちゃん達の

様子を見に家をいつもより早く出た。

予想に反して、クゥのママもお兄ちゃんもいなかった。




16時半頃、仕事の帰り道。

大きな大きな鳴き声が聞こえる。

あ、あの仔猫だ!

雨の中、隠れる場所も探せなかったのか

頭の先からしっぽの先までずぶ濡れ顔(泣)

とても写真に撮る気がしない。つらすぎる。



おなかが空いているんだろう。

わたしを訴えるような目で見つめる。

持っていた茹でささみを慌ててやる。

あっという間にくわえて走った。




食べ終わると、また同じ場所に戻って鳴いた。

もう一つ、そして二つ。

よほどおなかが空いていたんだ。

ずぶ濡れの体を見つめながら

連れて帰ろうか今、この子を抱っこして・・・

そんな衝動にかられた。




じっくりみると、生後1ヶ月半から2ヶ月くらい。

クゥの母猫を避妊してもらった獣医さんに相談してみよう。

その獣医さんではボランティアの人達が

ネットで里親を探しているとその時知った。




保護してもウチではもう飼ってあげられない。

何か方法はないか、もう一度考えてみよう顔(チラッ)


かわいいコメントくださった皆さまへかわいい


今、獣医さんにご相談してみました。

保護して白血病と猫エイズの検査を受ければ、

ボランティアの方が里親を探してくださるそうです。

まず、まだあの場所にいるのかどうか

そして無事保護出来るのかどうか、

今から不安でいっぱいですがやるだけやってみます。

少しだけ、希望の光が見えてきました
ぴかぴか(新しい)
ニックネーム miemama at 20:27| Comment(34) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

ノラちゃん



きのうは日中、春が来た?

って思うほど暖かかったのに、

今日は一転、またまた冬空。

風がとっても肌寒かった台風



仕事帰り、いつものフェンスの前を通りがかると

見たことのない生後ひと月くらいのキジトラちゃん。

こんなところにたった一匹・・・




親が子離れしたのだろうか、周りにねこは見当らない。

持っていたエサをあげると大きな声で鳴く。

まるで母猫を探しているかのよう。



目やにが少しと、前足がとても汚れている。

こういう仔猫を見るとかわいいと思うよりつらいもうやだ〜(悲しい顔)

少し先にクゥの兄猫とママ猫が見えた。





お食事中.bmp

サビちゃんがおかあさん、クゥと同じ茶トラがお兄ちゃん。

二匹ともぷっくり太って元気そう猫

この体型は遺伝かもしれないたらーっ(汗)




クゥのママ.bmp

毛並みのキレイなフサフサなママ。



ママアップ.bmp

ママの横顔。クゥに似てる?



二匹を見つけたキジトラちゃんは、

猫恋しいのか追いかけていた。

気の小さいクゥ家族は仔猫に追いかけられても

逃げてしまう、、、一緒にいてやってくれたらいいのに。

人間の思惑通りにいくはずないか。



通りかかった女の人が微笑みながら

自転車を止めてこちらを見ている顔(チラッ)




『よかったら連れて帰ってもらえませんか?』

初対面にもかかわらず、唐突なお願いをしてみた。

『ウチにももう二匹いるの・・・

飼ってあげたいけど、飼っちゃいけないマンションでね。』

ねこが好きな人だった。

女性は仔猫を見ると連れて帰りたくなってしまうから

・・と慌てて自転車をこいで行ってしまった。

その気持ちだけでもうれしかった。




わたしと一緒にいた顔見知りのねこ仲間の女性と

みんな家にもいるのよね・・・と顔を見合わせたふらふら




どうか車に轢かれませんように。

どうか暖かい隠れ場所を見つけて生き延びてくれますように。

フェンス沿いにわたしたちを追いかけてくる

そのキジトラちゃんに後ろ髪を引かれながらも、

祈るような気持ちでいつもの坂を自転車で下って帰った。

心の中で謝りながら。


ニックネーム miemama at 23:38| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ご対面 その2


初ご対面その後。





おにいちゃんがきた!.jpg

『あっ・・みぃにいちゃんがまた来た!』






みぃ乗っかる.jpg

『うわっ!上から来たよ〜〜〜!』





みぃにいちゃんてば.jpg

『ボクだってパンチパンチ〜〜!』





そして、クゥはゲージを脱出。






大物 小物.jpg

『ねぇ、みぃにいちゃん。いつまで上に登ってんの?』






みぃにいちゃん何してんの?.jpg

『いい加減、下りて来たら?しつこいなぁ〜〜。』





ここで判明したことがひとつ。


クゥは仔猫でも大物で・・・


みぃは大きくても小物だったっ。たはっ。顔(汗)



ニックネーム miemama at 09:01| Comment(24) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

初顔あわせ



夕方、クゥの病院から電話があった。


まだかなまだかな〜と待ちに待った電話に緊張した。


・・と言うか、仕事中に気分が悪くなったので


早引きしていて実は爆睡中だった。眠い(睡眠)


寝ぼけた声で電話に出た。


    

    わたし 『ふぁい、もしもしぃぃぃ・・』


    先生  『クゥちゃんの血液検査の結果が出ました。』


    わたし 『ハイ、ハイっ!』

    
    先生  『今回も抗体価は400倍です。』

         『3回とも400で感染は考えにくいですね。』

    
    わたし 『ハイ、あっあっありがとございますぅ・・』





とだけ言って電話を切ってしまった顔(え〜ん)

あした、もう一度きちんとお礼の電話を入れよう。



てなわけでVVV!みぃとのご対面となりましたっぴかぴか(新しい)







まずは扉を開けたところから。




くんくんにおう.jpg

『クンクンクン・・嗅いだことあるこのにおい』

これ、みぃです。念のため。







 はじめまして.jpg

『みぃにいちゃん、はじめまして。ボク、クゥです。』



  



みつめあい.jpg

しばらくの間、見つめあう。『そっか、こんな顔してたんだ』

クゥ、でっかくなりすぎ。どっちが成猫なんだか・・・たらーっ(汗)






隔離生活が長かったうえに、

ときどき覗くチラ見のせいか

お互いまったく威嚇することなく、

おだやかなご対面となりました。

ありがたや〜ありがたや。




それでも、ねこパンチは一発食らわせました猫(足)






みぃのねこパンチ.jpg

『あいさつがわりにねこパンチっ!』

あのぉ〜みぃさん、届いてませんけど顔(汗)





このつづきは、また明日顔(ペロッ)







【応援してくださった皆様方へ】
       
       
       皆さんのおかげで今日という日を

       迎えることが出来ました顔(泣)

       これからも皆さんの励ましを忘れず、

       二匹といっしょに楽しいねこライフを

       過ごしていきたいと思います。

       本当にありがとうございました。

             





ニックネーム miemama at 23:00| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

クゥのママ





クゥの母猫であるサビ猫ちゃんの避妊手術・・・

まずは捕獲出来るかどうかー。

ねこ仲間のおばさまおふたりと12時半に待ち合わせ。

お二人はどう見ても60代。(失礼なっ、、)

おばさまから見れば若いわたしがしっかりせねばっあせあせ(飛び散る汗)




気合を入れて約束の場所へ・・

心臓バクバク、もし失敗すれば猫もしばらく寄り付かない。

どんな猫だって一度怖い思いをしたらそうなるだろう。

みなさんが心配してくださった通り、

かなりのプレッシャー、、、失敗は許されないっ顔(え〜ん)





おばさんの姿が見えてきたっ。

おいでおいでと手を振っている。Hello

しかも満面の笑みで。

えっ?それってもしかして・・・



急いで走って近寄って見ると、

何とキャリーの中に母猫ちゃんがー!きゃぁ〜〜〜っexclamation




おばさんの説明によると、キャリーは縦長で

両端が開くタイプ。

片側のドアを開けて奥にエサを置いて、

一度は入ったもののすぐに出てきてしまい

諦めかけたが母猫ちゃんも何もされないと

安心したのか難なくキャリーへ。



そう、わたしが行った時には全てが終わっていたのだふらふら




そしてそのまま病院へ。手術も無事に終わり、

お腹が大きい母猫ちゃんはもしかすると妊娠してる?

私達の心配をよそに、ただ太りすぎているだけだった。たらーっ(汗)




今日、元の野原に放してやった。

怖がるかと思いきやフェンスに体をこすりつけ、

私達のあとを追いかけてくる。

どこまで人の好きなねこなんだろう。

さすがはクゥの母猫だっわーい(嬉しい顔)



というわけで、気を揉んでくださった皆様方

ご報告が遅れましたことをお詫びいたします。

(PCの調子が悪く、今頃になりましたっ顔(イヒヒ)




ニックネーム miemama at 20:57| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

うれしいニュース


うれしいニュースが飛び込んで来た。



6月に行方不明になったumiさんちのアメショーのスノーくん。

5ヶ月ぶりに見つかったとのこと。(嬉泣)



実は今日、ねこ仲間のおばさんから

仔猫が虐待され瀕死の状態で発見されたと聞き、

晩御飯を作るのも嫌なくらい落ち込んでいた。



そんな中での、思わぬ朗報。

本当にうれしかった。顔(泣)



そして明日・・・



クゥの母猫であるサビ猫ちゃんの手術(避妊)の日。

ねこ仲間のおばさんと約束している。

これ以上、事故や虐待に遭う猫を増やしたくない。

捕獲できるかどうかわからないけど、

umiさんからいただいた勇気と希望を持って、

クゥのためにもがんばろう。





フェンス3.jpg

ここがクゥ達がいた場所。

今は母猫とクゥのお兄さんにあたる1歳半位の茶トラだけ。



クゥの家族.jpg

これがクゥの家族。

真ん中のサビちゃんがママ。たぶん奥がクゥ。

あとの一匹は事故でなくなった仔猫ちゃん。

カメラ携帯電話で撮ったので画像が悪い)
ニックネーム miemama at 22:08| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

秋の味覚




お友達から柿と林檎をいただきました。


見たこともないおーっきな柿。


先月、登場いただいたノンちゃん黒ハートのママから。





そこで突然ですが・・・








クゥぶちゅ.jpg

     クゥ『おねえちゃん、むりやりだっこしないでよ。』
     
     クゥ、ブチャイク顔(え〜ん)








クゥと柿.jpg

     ママ『クゥちゃん、あなた柿みたい〜』
     
     直径9センチもありました。







     
     みぃ『じゃぁ、ボクはりんごってことで?』










みぃとりんご.jpg

 みぃ『ビックリしたなっ!しかもりんごナナメむいてるし。』
   
   ※画像の歪みではありません。






あ〜おいしかったっ顔(笑)






ニックネーム miemama at 22:22| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

くらべっこ

 



目の上対決





みぃのはげ.jpg ちぃのはげ.jpg


みぃの目の上。           ちぃの目の上。


分りづらいが、みぃハゲている。







肉球対決




みぃの肉球.jpg 肉球.jpg

みぃの肉球           ちぃの肉球


うーん、分りづらいがちぃ毛がボーボー。







しっぽ対決




みぃのしっぽ.jpg ちぃのしっぽ.jpg

  
みぃのしっぽ、細っ!   ちぃ、ラスカルみたい。





同じ茶トラでこの差は一体・・

MIXだから当たり前かも。

丸顔タイプは毛深くて、

逆三顔タイプは毛が薄い!?



ニックネーム miemama at 22:16| Comment(17) | TrackBack(21) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

究極の小顔



最近、娘が小顔になる美容器具を買ってくれと言う。

骨格が決まってるんだから、骨でも削らない限り無理よ〜

・・・とわたし。





そんな話をした矢先、こんな写真が撮れました。

あまりにも○いのでブログで公開しようかするまいか・・・





悩んだ挙句、これは皆様にも見て頂いたらと言う結論に達しました。

娘と転げて笑った一枚。ただ今、公開させていただきますっカメラ









mie yabai.jpg

『なんじゃこりゃぁ〜〜〜っ』 by.yusaku matsuda←友人からのパクリ。





娘とわたしの会話。


娘 『どひゃひゃひゃひゃ〜〜〜わーい(嬉しい顔)!!!』

私 『これってやっばいよね〜〜ぐはははははーーーっ!笑』

娘 『平べったくなってるんんん?笑』

私 『何か虫みたいじゃない?こないだ病院で見たシラミみたい』

娘 『いるいるーっ!!こんな虫〜〜〜っ!爆』

私 『笑ってる場合じゃないよね〜こんなに太ってた?』





みぃの名誉のためにも言いますが、撮った角度によっても違います。

名誉挽回のために、もう一枚。





toile mie.jpg

これが普通サイズのみぃなんです。肥満は否定出来ません。






写真嫌いな猫のため、撮影場所がト○レになりましたことを

深くお詫びいたします。お食事中の方、大変失礼しました。

八頭身?究極の小顔でした。
















ニックネーム miemama at 20:29| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

UWAKI !?




みぃはちぃをまだ見たことがない。


『にゃにかがいる・・』

『にゃんだろう?』

『にゃんの音?』



気になって仕方がない。



sukima mie.jpg

           ↑
こんな隙間から覗いてはカリカリ引っかいている。




一日中、ドアと襖とにらめっこ。

いとしのちぃ様。あなたはなぜちぃ様なの?

・・・なんて思うわけないか。




mie futon.jpg

         ↑
あ〜あ疲れちった。父さんの布団で、不貞寝だーっ!やってられへん。




拝啓、みぃ様。

母はちぃと逢引中です。

あいびき?

なぜかドキドキするんです。

浮気してる時みたいに(恥)

(あっ・・したことないけど。念のため)











ニックネーム miemama at 23:56| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

ちぃの予防接種



朝、初めてちぃから寄って来た。

いつもはわたしがちぃの所にエサを運ぶ。

ちぃから駆け寄って来ておまけにスリスリまでしてくれた。

きのうの夜のじゃらし遊びが効いたのか、

ふたりの距離がぐっと縮んだ気がするよ。ムード






でも今日ははじめての予防接種。

嫌がろうが逃げようが、

鳴こうがわめこうが暴れようが、

とにかく連れて行かなければ。






ここ最近のちぃの定位置といえばキャットタワーか・・・



キャットタワー 上.jpg






はたまたタンスの上か。天井上まで約20センチ。



天井のちぃ.jpg





どの手を使ってタンスの上からちぃを下ろそうか?

卑怯なやり方嫌だけど、ちぃのお気に入りを使うしかない。

じゃらしでちぃをおびき寄せタワーの中段ほどまで来た時に、

ちぃの体を抱き寄せた。暴れまくり、逃げまくり・・・




めったに鳴かないちぃなのにウチに来てから初めて鳴いた。

ごめんよ、、、ちぃ坊、許してねもうやだ〜(悲しい顔)




三種と四種。違いは猫白血病ワクチンがあるのかないのか。

万が一、FIPキャリアだとするならば白血病ワクチン接種が

引き金になることがあるってネットで知った。

先生とも相談し、悩んだ末に出した答えは四種混合。

万が一のFIPより、これから先を考えようね。



注射をしてもピクリともしない。声も出さない。

痛くないの?痛すぎて声も出ない?

やっと縮んだ距離なのに・・・

また一から出直しなのかなたらーっ(汗)






















ニックネーム miemama at 17:49| Comment(15) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

ランキング発表!



今日はこのブログをいつも楽しみにしてくれている

最年少のノンちゃんがランキングを付けてくれましたので

発表したいと思いますっ♪

    


      リボンリボンリボンノンちゃんランキングリボンリボンリボン





まずは・・・


      5位 「ぽっ」ってしてるやつ10/31掲載 
         (ちぃちゃんが落ちてビックリしてる顔)




続いて、
   

      4位  ちぃちゃんのちっちゃいお顔10/31掲載
         (ピアノのペダルのとこの)




いよいよ、



      3位 ちぃちゃんがねこじゃらしで
        遊んでる1枚目の写真
11/2掲載


      

      2位 初ブログのみぃちゃん10/21掲載





栄えある第一位は・・・


じゃじゃ〜〜〜ん!





      1位 みぃちゃんのお手手10/29掲載



アップC.jpg



ノンちゃん、いつも見てくれてありがとねーっ!

ママにノンちゃんのコメント、送ってもらってね。

ちなみにノンちゃんは3歳。

わたしの職場のパートナー?の
とーってもかわいゆいお嬢ちゃまです揺れるハート





 

ニックネーム miemama at 21:44| Comment(14) | TrackBack(27) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

一歩ずつ



『みぃとちぃが交代に出て来る』と娘に言われた。

そう言えば・・・初ブログから順番こに登場している。
まったく意識していなかったー(長音記号2)



順番からだと次はみぃ。
ごめんよ、今日はちぃで行かせておくれ。



今日はちぃの検便の日。


ウンチを持って病院へ。

検査の結果は問題なしで、

やわらかウンチに整腸剤。

4日、一回目の予防接種を受けることに。



検便終了後・・・

   
先生 『ノラちゃんなのに噛まない上に威嚇もないですよね』
     
   
とお褒めの言葉。自分が褒められたわけではないんだけれろっ・・・


病院からの帰り道。Flatのロールケーキを買って帰った。


ロールケーキ.jpg

        ↑
豊中にあるFlat(エフラット)のロールケーキ。
雑誌などでよく紹介される。
予約しないと買えなかったけど、
今はしなくても買えるみたい。
無添加でしっかりとしたメレンゲのスポンジ。
ふんわりしていてしかもしっとり。。。ふた切れ完食〜〜〜


パッケージ.jpg

        ↑
パッケージもかわいいのだっプレゼント




今朝のちぃはタンスの上の本の上本


ねこじゃらしにも初挑戦!

ねこじゃらし.jpg


ねこじゃらし 1.jpg 














ニックネーム miemama at 00:59| Comment(14) | TrackBack(15) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

ちぃの探検★☆★


ううぅっっっ・・眠い。

半分目が閉じかけている。眠い(睡眠)

連続更新またもやムリ。

日付が変わる。残念ふらふら






今日は初めてちぃがゲージから出た日。

ちぃの軟禁部屋の探検が始まった。





すきま.jpg

ピアノのペダル近くにいるのが好き。毛布を置いてやった。
暗くてよく見えない。隙間から見えるちぃ。猫






キャットタワー1.jpg

次に行ったのはキャットタワー。
みぃには不人気だった大型タワー。
物置にならずに済むかも。わーい(嬉しい顔)






なめなめ.jpg

撫でてやると喜んでわたしの手を舐めだした。
どんどん喜んで裏返る。
このあとちぃは、はみ出て落ちる。がく〜(落胆した顔)






落ちました.jpg

あ〜っビックリしたなも。
ビビリんちょさんは怖くてもう登れない。
ママが落としたんじゃないんだよ〜信じてぇぇぇ〜もうやだ〜(悲しい顔)




ノラの時は、優しい人もいたけど怖い人に蹴られたりもした。

人に対しての不信感は拭いきれる?

安心感が不信感を追い越す時が来るのかな・・・

いつか来ると信じたい。















ニックネーム miemama at 00:21| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

グラビア撮影会




今日はみぃの撮影会。

    

    みぃ 『ママ、グラビアってボク男の子だよ。』
   
    ママ 『今ドキ、男の子も写真集出す時代なのよ。』


    みぃ 『そっか。ボク写真は苦手だから緊張するなっ。』





グラビア.jpg

まずは、成宮寛貴クン風。ん〜んキスマーク色っぽいね〜





横顔.jpg


もの想いにふける・・・藤原竜也クン風。




アップA.jpg


こっちは寝起きの妻夫木聡クン風。(無理矢理、、、)




アップC.jpg


あ〜ぁ、これが小出恵介クンのお手手だったらなぁハートたち(複数ハート)


   

     みぃ 『・・ママの好みのタイプ並べただけやん!』

     ママ 『ありゃ、バレちゃったっ?あせあせ(飛び散る汗)





寝顔.jpg


お疲れ〜でもギャラは出ませんわーい(嬉しい顔)



























ニックネーム miemama at 02:24| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

きょうのちぃちゃん2



血液検査の翌日だと言うのに結果が出たとの連絡。
一週間はみてくださいって言われたような?まっいいや。


先生のいつもと変わらない声にちょっと期待してみた・・


   先生 『前回と同じ抗体価400倍です。』
  (400倍未満は否定出来る。6400以上感染示唆。)

         



それってどうなのどうなの?と詰め寄るわたし。


   
   先生 『確率としてはかなり低いと思います。
       ただゼロではないという事です。』

   私  『どうしたらいいでしょう・・・』

   先生 『今のまま、家猫とは別にして1ヵ月後に
       再検査するのが良いかと思います。』

   私  『けどこのまま留守がちの実家でゲージに
       閉じ込めておくのも、、、』

   先生 『そうですよね〜』

   私  『家族と相談してから、またご報告します。』


と電話を切った。



翌朝。。。イコール今朝。



   私  『先生、考えたんですがこのまま実家で
       同じ環境にいたところで同じ結果が出
       るような気がするんです。』

   先生 『それも考えられますね。』

   私  『実家は寒いし、人もいない。
       思い切って環境を変えもう一度検査を受けたい
       んですが自宅へ連れ帰ることって可能ですか?』

   先生 『そうですね。万が一を考えてトイレと食事のお
       世話のあとに消毒液で殺菌するなら可能だと思
       います。しかし家猫ちゃんとは結果が出るまで
       一緒にしない方がベストですね。』

   私  『その方向でやってみます。
       暖かい場所で人恋しいタイプだし、その方が
       ストレスも軽減されて良いかもしれません。
       変えなければ結果も変わらない気がします。
       消毒液って何を使えばいいですか?』

   先生 『何がいいかお調べしてまたご連絡します。』




2時間後。



   先生 『消毒液は逆性石鹸を使ってください。』

   私  『逆性?ですか。薬局に売っていますか?』

   先生 『大抵の薬局に売っています。菌は死滅します。』
 
   私  『わかりました。徹底して消毒します。』




そして、今夕。実家よりちぃを無事連れ帰りました。

みぃとは別室。しかもゲージに入れ、全く接触させないようセッティング。

それでもにおいがするからか、部屋のまわりを行ったり来たり。

開けろ開けろと鳴きまくるけどそれはできない開かずの間。

ちぃは私たちの心配をよそに、撫でるといつものように

グルグル言ってエサもしっかり完食だいっ!

抗酸化作用や抗菌作用のサプリメントも飲んでみよう。

再検査までがんばろねっ、ちぃ★




ちぃえさ1.jpg

『うーん、おいしそっ!おじちゃんとこと同じのだね。ボク大好き。』




ちぃえさ3.jpg

『やっぱ、これだね、”親心”♪』



ちぃえさ2.jpg

 

『あ〜ぁおいちかったっ!まんぞくまんぞくっペロッ♪』






















ニックネーム miemama at 23:45| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする