2009年03月18日

わたしのチビ






今日は公園とは関係のない記事でごめんなさい。

わたしの愛猫、チビを愛して下さった皆様へ

ご報告をさせて下さい。






今朝、愛するチビが天国へと旅立って行きました。

先月、体調を崩し糖尿病にはよくある膵炎と診断され

3日ほど入院しました。その時もかなり危ないと思って

いましたが、先生の治療の甲斐あって無事食欲も戻り

退院、ホッと胸を撫で下ろしたところでした。






2日ほど前から何も食べなくなり、受診したまっている

胸水を抜いて、血糖値も高かったことから一目盛りだけ

インスリンを注射してこれで回復しなければ覚悟しようと

心に決めて帰りました。再び入院もと思いましたが、

先生からは死に目に会えなくても良かったら入院させても

いい、と言われてそれもつらいし、明日良くならなかったら

と連れて帰りました。





帰ってからは胸水を抜いたので荒かった呼吸は

少し治まったものの、いつもとは違う鼻呼吸で

立つことも出来ず、それでもトイレにだけは行き倒れる

ような状態で用を足しに行っていました。

水も飲まず、もちろん食べ物を口元へ持って行っても

受け付けてくれません。






チビはここまで本当によく頑張ってくれました。

最後にわたしがチビにしてあげられることは

苦しみを取り除いてあげることだけ。

今は楽にしてあげたい、その一心で

先生にお願いし送って頂きました。

弱っていたので最後は麻酔だけで静かに眠りにつきました。





チビと出会ってから2年と10か月。あと2ヶ月で3年でした。

先生も糖尿病と心臓病という大きな病気を持っていながら

本当によく頑張った、糖尿病だけでも3年生きるのは長い方、

と言って下さいました。





まだまだ一緒にいて欲しかったのが本音です。

お金がかかっても、どんな状態でも。

チビはわたしの気持ちを察していたんでしょうか、

何度も命の危機にあいながらも復活し、

わたしもその度に覚悟して、それを繰り返し

わたしに諦めがつくよう頑張ってくれました。





3年前、高齢の方が家賃が払えなくなり強制退去、

施設に入られることになられて役所の人からは

猫は飼えないから保健所に連れていくと言われ、

『猫が死ぬなら自分も死ぬ』とおっしゃられて

当時、介護のお仕事をされていたうら若い男性が

僕が引き取ると、一旦引き取られた猫がチビ達でした。






その男性もご家族がアレルギーで、おうちには置いて

あげることが出来ず、職場や車に二頭が置いてもらって

いることを知ってわたしが一時預かりを申し出ました。





我が家も主人の反対があり、里親さんが見つかるまで

実家の父に頼んで二頭を預けることになりました。





ひと部屋に閉じ込めていたはずの二頭が、

実家の天袋から屋根裏にあがって、

そこから壁の隙間に落ちて10日間行方不明。

11日目に、名前も知らなかったので男性に確認してもらって

『ちびぃ〜〜』と叫んだときにかすれた猫の声・・

チビがニャーニャーと返事をしました。







壁に穴を開けてもらって、

10日も飲まず食わずだった二頭は目立った衰弱もなく、

無事に生還してくれました。





その後、チビチビは男性のお知り合いにすぐに引き取られ

いつも一緒にいた二頭、一頭になったチビが不憫で

実家のあと預けていた病院から、思わず自宅に連れ帰って

そこから2ヶ月、里親さんを探したものの高齢猫は

なかなか引き取り手が見つかりません。





そうこうしているうちに、どうも食欲が落ち元気がなくなって

受診したところ、糖尿病と診断されました。

そこまであなたが背負うことはないと言われたことも

ありましたが、二ヶ月手元に置いてしまうと

そこで見捨てることが出来ませんでした。

チビはすっかりわたしの生活の一部になっていたからです。







こうして我が家の猫として迎えたチビでしたが、

家の猫とは相性が悪く血が流れる喧嘩をする始末。

主人が反対していたこともあってチビはわたしの部屋だけで

生活することになりました。主人がチビの顔をまともに

見たことはありません。だからわたしのチビです。






今朝、チビが亡くなったあと何年も連絡を取っていなかった

チビを最初に救って下さった男性に思い切ってメールで

連絡をしてみました。アドレスも変わっているかもしれない、

と思いつつご連絡したところ、お返事が戻ってきました。






******************************************************

返信ありがとうございます。

文面から、わが子のように大事にしていただいてたことが伝わります。
miemamaさんの思いが伝わっていた結果の長生きですね。チビもさぞかしありがとうと思っていたことでしょう。どうか気を落とさないで下さい。

「長生き」、「何度も復活」と聞いて、元の飼い主のおばあさんをすぐに思い出しました。90才近いのに転んでも怪我1つせず、39度の高熱を出しても次の日ケロッとしている、普通では考えられないほど丈夫な方でした。飼い主に似るんだなあと。今思えば、そのおばあさんも、自分の生活をかなり犠牲にしてあの子達と暮らしていました。強制退去の際、「この子らと一緒にホームレスになる!」って言って離れず、2時間以上説得したあげく、僕と担当ヘルパーと区役所の生活保護課の人で「ゴメンなあ〜!」って半泣きになりながら抱えてお迎えのワゴン車へ乗せました。その後部屋へ戻ると、チビとチビチビが凄い声で鳴いていましたね。

チビがいた公団の住民はペット禁止にもかかわらずかなりの世帯が猫を飼っており、皆どの家も、いち家族のように暮らしています。同じ棟の他のお宅での出来事ですが、僕がヘルパーの仕事を辞める際、そのお宅を訪問する最後の日、僕が座っているとピッタリ横をはなれないんです。2年ほど通っているのに始めてみせる行動で、飼い主が、「(今日が最後って)わかっとるんやなあ。」と言ってました。だからmiemamaさんが注いだ手間とか、愛情とか、チビは全部分かってたんだろうなあと思います。僕がこんな事偉そうに言える立場ではありませんが、猫は凄くそういうこと敏感ですよね。ついついあの頃の事を思い出して長文になってしまいました・・・

最後に、何度もくどいですが、本当にお手数お掛けいたしました。ありがとうございました。感謝しております。



***********************************************************






Fさん、チビの元飼い主さんのことをほとんど

知らなかったのでチビのことをまた知ることが出来て

本当に嬉しかった。チビを救って下さってありがとう。

元飼い主さんにもチビが元気にしていると連絡したかった。

連絡先もお名前も分からずいつも残念に思っていました。

チビがその方にもどれだけ愛されていたかが分かりました。







チビがなくなる寸前は早く楽にしてあげたい一心で、

無事に旅立った時には苦しみから助けてあげられた

安堵感でいっぱいでしたが、今はチビがいなくなった

喪失感でまだまだ涙が乾きません・・






いつもわたしを頼りにしてくれ、甘えて添い寝、

つらい時もしんどい時もふと横を見るとチビがいました。

今日までチビを可愛がって下さった皆様、

本当にありがとうございました。






チビがいない生活に慣れるまでもうちょっと

時間がかかりそうです。

チビに出会えたこと、

チビと一緒に生活出来たことに

感謝の気持ちでいっぱい。









090222_2218~0002.jpg
ちーちゃん、ありがとう。






miemama







アリガト アリガト アリガト アリガト アリガト  アリガト




























ニックネーム miemama at 22:53| Comment(19) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

あけましておめでとうございます。








年末も押し迫った30日・・
糖尿&心臓病のチビの具合がすぐれず、
掛かりつけさんに通うこと2日バッド(下向き矢印)



息が荒い、心臓の鼓動が速い、
ぐったりしている。
時間外にも関わらず先生に緊急に見てもらう。
心臓病の症状である胸水を100cc抜いてもらった。
その後は食欲もあり、回復傾向。




31日大晦日の午後8時頃、再びヘタってしまった。
今度は鼻息が荒くなったと思ったら、今までにない
口を開けて苦しそうに呼吸。と、突然、
飛び上がるような感じで寝がえりを打った、
コレって発作exclamation&question



チビを毛布でグルグル巻きにして慌てて救急病院へ病院
さすがに年末、病院もワンちゃん猫ちゃんでいっぱい;
検査の結果、低血糖と判明。低血糖を疑ったけど、
心臓の場合も呼吸困難になるし区別がつかなかったもうやだ〜(悲しい顔)




75〜100程度が通常数値のところチビの数値は13。
先生も早めの対応で手遅れにならず済んだとおっしゃった。
結局、血糖値が上がるまで検査検査で、
病院に入ったのが9時前で終わったのが12時頃三日月






糖尿病は高血糖より、命に関わる低血糖が怖いたらーっ(汗)
この2年間、一度も低血糖なんてなかったのに。
発作を見た時、今度こそダメかもと覚悟した・・







090101_0222~0001.jpg
紅白も裏番組も見られなかったけど、
チビが助かってくれて本当に良かった顔(泣)






きっと今年もこんな感じでドタバタですが
皆様よろしくお願いいたします鏡餅






猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足)  猫(足)  猫(足) 猫(足) 猫(足)















ニックネーム miemama at 02:51 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

なんでや〜






心臓病のチビさんのため、

ホットカーペットを狭い部屋いっぱいにわーい(嬉しい顔)














081114_1246~0001.jpg

さ、これでどこで寝転がってもあったかいでるんるん



















081114_1245~0001.jpg

って、えーっ目

なんでやねん・・バッド(下向き矢印)














猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足) 猫(足)




ニックネーム miemama at 13:00 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

おばあちゃんは赤ちゃん





午前の仕事から帰宅すると
奥の部屋からしゃがれた鳴き声・・



「お願い、お昼ごはんだけ食べさせてー(長音記号1)
の願いもむなしくそんなことチビに通用するわけない。
わたしが来るまでずっと大声で鳴き続けるたらーっ(汗)



まずは飛んで行って小さい体をよいしょと抱っこ。
腕の中で満足そう。やっときたか、とグルグルグル・・
と嬉しそうに喉を鳴らす演劇



パソコンの前に座ると
今度は足の上に、のいたらアカンで、
とばかりにどっかと座る顔(汗)



年のせいか食べるか寝るかのどっちか。
寝るときはわたしの腕枕、
ごはんの間にお注射をして、
食べ終わったら恐怖のお薬を
カプセルに詰めてふたつ飲ませるくすり



小柄なチビを横抱きしていると、
年寄りなのに赤ちゃんに見えて仕方ない。



わたしを呼ぶチビ、
傍にいてと言わんばかりに居座るチビ、
ゴハンちょうだいと手でちょいちょいねだるチビ、
嫌なお薬も我慢して口を開けてるチビ、
呼んでも来ないとニャンニャンニャンニャンむかっ(怒り)と怒るチビ。


チビもきっとわたしをお母さん、
と思っているに違いない。










071022_2121~0001.jpg

おばあちゃんのくせに、一番手のかかる可愛いヤツわーい(嬉しい顔)











揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート  揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート

ニックネーム miemama at 14:49 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

心筋症




2年前からの糖尿病、

1年前には心筋症を発症している

我が家のチビさん。





先日、いつもと何か違う・・

顔を横に向けたままわたしを呼んでいるがく〜(落胆した顔)

なんで?起き上がって呼ばへんの?

後ろ脚が何となくおぼつかない、立ってもすぐにしゃがむ。

おかしい、やっぱりおかしい。






夜の11時だと言うのに掛かりつけの先生の

携帯を鳴らす。半泣きになりながら状況を説明顔(泣)

心筋症は後ろ脚に血栓が出来ることがある。

糖尿のおかげで食欲はすごい。

先生いわく、血栓でななさそうだけど

心配なら夜間救急へと勧められた。






少し様子を見ていた・・呼吸が荒い、確かに荒い。

血栓はものすごく痛がるらしい、痛くはなさそう。

わたしの早とちりで慣れない病院に夜中に連れ出すのも

どうか、返ってストレスにならないか、

翌朝一番に掛かりつけに連れて行こうと決めた。








080901_0905~0001.jpg

やはり血栓ではなかった。

心筋症の症状のひとつ、胸水がたまって

息苦しかったらしい。牛乳瓶1本分抜いてもらったもうやだ〜(悲しい顔)









悪くなるのを遅らせることは出来ても、

決して良くはならない心臓病。

去年、明日亡くなるかもしれないと言われてから

ちょうど一年、ホッとしていた矢先の通院。







やはり年齢と共に、薬を飲んでいても少しずつ悪くなるそう。

チビは今まで先生が見てきた心筋症の患者の中で

一番長く生きてるらしい。








まだまだ記録更新中わーい(嬉しい顔)











手(チョキ) 手(チョキ) 手(チョキ) 手(チョキ) 手(チョキ) 手(チョキ)  手(チョキ) 手(チョキ)





ニックネーム miemama at 22:14 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

どっちから生えてんの!?





爪切りが大嫌いなチビさん。
切ろうとすると嫌がる上に、
ぬいぐるみのような前足でヒジョーに切りづらい顔(汗)







ひと月、ふた月と経ってしまい
そろそろ爪が引っ掛かるし、と
ひさびさにチビの爪を見てみたら・・・








げげーっ、爪の先が肉球にexclamation&question
一瞬、どっちから爪が生えてるのか目をこすったあせあせ(飛び散る汗)
どう見ても肉球に爪がさっ刺さってるふらふら









勝手に抜いていいものか悪いものか、
とりあえずそのまま慌ててかかりつけへ走った車(RV)
老猫になると、切らなくても自然に剝剥がれる爪が
だんだんと剥がれなくなるらしい。知らなかったー(長音記号1)









080604_1154~0001.jpg

持病の受診に月に二回は来る病院。
いつもチビはおとなしいけど、
早く帰りたいと目で訴えてる猫(泣)








バチンと爪を切ってもらって肉球から抜いてもらう。
どうやら軽傷、年に四、五頭はいるそう猫(足)
「先生、コレ痛かったんでしょか?」「痛いですねー。」
そりゃ痛いわな、ごめんよチビもうやだ〜(悲しい顔)








物言えない動物だからこそ飼い主が気付いてあげなければ。
老猫さん、ひと月に一回は爪切りしましょうね。









はさみ はさみ はさみ はさみ はさみ はさみ はさみ はさみ














ニックネーム miemama at 14:57 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

いつも笑わせてくれます。





久々登場のチビちゃんるんるん(通称:チコ、チーとも呼ぶ)
お歳のせいか、はたまた病気のせいか
普段から動作はほかの猫に比べてかなりゆっくり。




しかーし!こんなに早く走れたんや目
と思う瞬間が一日に一回だけ。
それは用を足したあと、大をしたあとだけは
ものすごい速さで走って行かれます顔(汗)
その速さと言ったら・・おもしろすぎです。
(面白がってる場合か、、)







長毛のチビさん、軟らかめの時は
お尻にくっつけて歩いたりしていますあせあせ(飛び散る汗)
わたしに拭かれるのが大キライ。
で、その時だけはいつもの3倍速ダッシュ(走り出すさま)










080427_0025~0001.jpg

追手が来ないことを確認しホッとした時の一枚カメラ










今朝は目覚まし代わりの携帯が鳴るも姿は見えずたらーっ(汗)
どこやどこやどこや〜〜〜
チビもキョロキョロと不安げな様子あせあせ(飛び散る汗)
まさかと思いきや・・ちょっと!
アンタのおなかの下で鳴ってますやんー(長音記号1)
こんな堅いの敷いて気持ち悪くないん?















080423_1956~0001.jpg








勘弁してよね、おチビさんふらふら









携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話携帯電話








ニックネーム miemama at 10:16 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

柔らかければどこででも。



チコちゃん、ことチビです。





080317_1448~0001.jpg

わたしの下腹でふみふみ中のチコちゃんふらふら






080317_1448~0002.jpg

真顔でふみふみ、ふみふみ、ふみふみ・・・
おばあちゃんになった今もふみふみします。

十年以上前の、ママのおっぱいを刺激したふみふみを
今も覚えているんかな。グルグル言いながら、可愛いチコ。

下腹からはおっぱいでーへんでたらーっ(汗)









080317_1450~0001.jpg

一しきり我が下腹を踏み終えたら
お腹の上でそのままウトウト眠い(睡眠)






ここのところ、胸水はたまっていないけど
コホコホたまに咳をする。






頼む、長生きしてくれー(長音記号1)ー(長音記号1)
我が愛しの可愛いチコよかわいい









犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)犬(足)


ニックネーム miemama at 20:24 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

ママ行かないで〜








080207_0817~0001.jpg

ちょいこわ面だけど怒ってるんじゃないよー(長音記号1)

仕事前にわたしの足に顔を埋めるちぃ。

そんなことされたら仕事行きたくなくなるやん顔(汗)












彼女のメンツのために・・

普段はこんなに可愛いお顔よわーい(嬉しい顔)
(↑と思うのはわたしだけ?




080201_1149~0001.jpg









今月号『ねこのきもち』の特集で、

わたしはどうやら母性で猫を可愛がっているらしい。

猫も飼い主を母だと思っているそうだ。納得ひらめき












雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪



ニックネーム miemama at 20:53 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

期待を裏ぎる可愛いヤツら。



猫のためのコタツ、とやらを

東向きの寒い自室にいる

チビとミトンのために購入猫














080202_2243~0001.jpg

こーんな風に入るんかなグッド(上向き矢印)ワクワク。


















080102_0115~0001.jpg

ミトちゃんは上に乗って暖まるわけね顔(汗)

そうそう、上に乗っても暖かいって書いてあったー(長音記号1)






















080105_0012~0002.jpg

で、ちーちゃんも上に乗って楽しむわけかバッド(下向き矢印)

















・・って、ほんならコタツの意味ないんちゃうのexclamation&question

こちらの思わく通りにいかないものです顔(え〜ん)










猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)猫(足)
ニックネーム miemama at 23:13 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

マイナスイオン






071116_1944~0001.jpg

「ママ、お帰りー(長音記号1)」と仲良く振り向いてお出迎え。

この子達を見るとどんな疲れも吹っ飛んでしまうわーい(嬉しい顔)









ある里親さんが言ってらした、

猫ってマイナスイオンを発しているそうな。

その通りだとわたしは思う顔(チラッ)









ニックネーム miemama at 23:37 | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

☆★メリークリスマス★☆




061224_2027~01.jpg

三人家族の我が家のケーキバースデー

一人でも食べれそう顔(ペロッ)







061224_1936~002.jpg

お約束のちびサンタ。かなり迷惑?








飼い主はチキンにケーキとご馳走なのにバー

ニャンズは毎度おなじみメニューエサ

みんなはどんなクリスマスかなクリスマス











ニックネーム miemama at 00:17| Comment(14) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

ふみふみ


冬本番雪

ダウンが似合う寒さになったー(長音記号2)

この季節、暖かそうなものを見つけるとつい買ってしまう顔(汗)










061124_1746~001.jpg

フリースのような、だけどストレッチがきいたひざ掛け。ふわふわー(長音記号1)

何に使うか考えて、ちび姫のお出掛け用にひらめき










061124_1744~002.jpg

真顔で無心にふみふみふみふみ・・揺れるハート










061124_1744~003.jpg

母猫と早く離された仔は、おっぱいを刺激する行為として

ふみふみがいつまでも残るそうな猫(足)

年って関係ないねんなー顔(チラッ)






ふみふみ猫、我が家はちびのみかわいい
ニックネーム miemama at 18:58| Comment(10) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

お迎え



わたしの姿が見えないと鳴く姫たらーっ(汗)


バッグに入れて連れて行ける所はどこへでも連れて行く。


娘の駅までのお迎えがここ最近の日課車(RV)









chibicar.jpg

おねえちゃん、遅いなぁー(長音記号2)










061124_1947~002.jpg

お留守番はキライダッシュ(走り出すさま)ママと一緒がいいねん揺れるハート








061124_1949~001.jpg

はじめは怖かったけど、今は歩いている人を見るのが好きるんるん








こないだ、ガソリンスタンドのお兄ちゃんに

『かわいいっすね〜』と褒められたたちび。

10歳超えてるとは思わんやろなっ顔(汗)


ニックネーム miemama at 00:02| Comment(10) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

赤ちゃん返り?



あれよあれよと言う間に11月紅葉

ブログはさぼるとクセになるらしいわーい(嬉しい顔)





061029_2211~002.jpg

『あ、ママ発見!』






061029_2212~002.jpg

『ママがいないと鳴いちゃうのよねん。』

ここんとこ、ワタシがいないと鳴きまくるちびたらーっ(汗)







061029_2209~001.jpg

ちっちっ近い。目が覚めたらちびたいたっ顔(汗)

あの、ヒゲがあたってこそばいんですけど。






chibi1031.jpg

アンタのせいでPCもさわられへんどんっ(衝撃)

膝に乗せてみるとご満悦なご様子るんるん

かわいいけど手のかかるおばあちゃんダッシュ(走り出すさま)


ニックネーム miemama at 23:40| Comment(18) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

ちびの抜糸




2週間前、完了したちびの不妊手術。

今日はその抜糸の日はさみ








chibino.jpg

傷口も化膿せず、きれいにふさがったねと先生。

糖尿の子は化膿しやすく、傷も治りにくい。ひと安心わーい(嬉しい顔)









200610141.jpg

以前から気になっていたことがある。

それはちびの瞳孔。






みぃやクゥは瞳孔が細くなるのに、

ちびはいつも瞳孔が真ん丸目





診察の結果、光に対する反応が少し鈍いらしい。

糖尿病の影響の可能性もたらーっ(汗)







chibishiraga.jpg

そういや、こないだ白髪を発見exclamation(真ん中の一本)

頭にも1、2本あったっけ。

着実に歳をとってるってことか顔(泣)





           本お詫び本






20061014.jpg

先日、ちびの縞模様が地肌と同じとウソを言ってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)

ちびの地肌、確かにピンク色でしたぁ顔(え〜ん)

信じてしまわれた皆様、お許しくださいexclamation×2




        ごめんなさーいっ!



















ニックネーム miemama at 23:52| Comment(12) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

思わぬお役立ち



昨晩、生後2ヶ月ほどのこさび&茶トラくんが

正式にねこ初めてのご夫婦の仔にぴかぴか(新しい)







061007_2118~001.jpg

いつ見ても仔猫団子は癒されるにゃぁ〜〜

二匹はどちらも膝乗りねこ猫






8月に中旬にお問い合わせをいただき、

そして下旬には二匹をご見学サーチ(調べる)

9月末から10日ほどのお試し期間を経て晴れて里親さんに。






この3ヶ月の間、本当にご自分達でいいのか?

本当にこの子達をうまく育てられるのか?と

ずいぶん悩まれてのご決断手(グー)

命を大切にお考えくださったからこそアリガト






『トラちゃんの背中にデキモノみたいなものが。』と、奥様。





どれどれ・・・あ、かさぶたやっexclamation×2

『きっとこさびのチョコちゃんにやられたんですねたらーっ(汗)

毛が付いたままポロっと取れますから、大丈夫。』とわたし顔(チラッ)






これもみぃとちびの決闘を経験したからこそ顔(汗)

何事も経験exclamationと悟った一日だった。







20061010.jpg

そんなん、ワタシちーらないっ猫(足)


ニックネーム miemama at 19:09| Comment(10) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

サマーカット?



ちびの手術から今日で5日目。

糖尿の子は化膿しやすいらしいから

化膿止めは欠かせないくすり









20061003.jpg

食欲が落ちて、二日目には点滴たらーっ(汗)

やはり高齢だったせい?

ちびたんの地肌初公開。





ちびたん、ママがはさみを持っただけで怒るでしょ?

おねむの間にカットしたんだ、ごめんよ顔(え〜ん)








200610031.jpg

ちびはやせているからママは心配あせあせ(飛び散る汗)

先生からは無理にでも食べさせてとのこと。

今日の夕飯は何とか自分で食べてくれたっ顔(泣)









chibicut.jpg

季節外れのサマーカットふらふらやっぱりさむそっバッド(下向き矢印)

『いやぁ〜ん、見ないでっー(長音記号1)

ビロードのような肌ざわりぴかぴか(新しい)





ちびたん、地肌も縞々だったのねん目

確かシマウマもそうだったような顔(チラッ)




ニックネーム miemama at 23:12| Comment(12) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

ちびの手術





ちびの血糖値も安定している今、

思い切って避妊手術をすることにした。





避妊手術、と言ってもちびは推定10歳以上のおばあちゃん。

しかも糖尿病の持病もちふらふら心配ー(長音記号1)ー(長音記号1)




心配で仕方なかったが、夕方先生に電話をしてみると

子宮もしっかりご健在だったので(子宮の有無も不明たらーっ(汗)

手術をし、お願いしていた歯の治療も3本抜くことで無事に

終わったとのこと。よかったっもうやだ〜(悲しい顔)






tyokinbako.jpg

職場ではじめたねこ募金猫

かなり無理やりで強制的ではありましたけどっ。

営業の皆さん、事務の同僚が少しずつ貯めてくれた顔(泣)




Tさんをはじめ、職場の皆さんありがとーっ!

いつも毛だらけでご迷惑お掛けしていますバッド(下向き矢印)






bokin.jpg

しめて4,269円ぴかぴか(新しい)手術費用の一部に使わせてもらいます。








切らせてくれないちびなので毛玉取りもお願いしておいた。

丸刈りではないそうだけどかなり涼しい状態らしいあせあせ(飛び散る汗)

レディーのプライドを傷つけてしまったかなぁー(長音記号2)

ちびばあちゃんにお洋服でも買っておこうかブティック
         ↑
       コレはジョーダン



ニックネーム miemama at 22:32| Comment(6) | TrackBack(0) | ちび | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする