2010年01月18日

一週間前に捨てられた茶トラくん





このブログでもずっとお知らせしている
公園猫につきまして、昨年、署名運動や
警察にもかけあって下さった方より、
下記のような連絡がありました。


==========================================================


1月16日、午後7時頃
鶴見緑地において猫虐待事件がおきました。
ベンチに猫をたたき付け..(略)

発見者の方は、警察に通報し
現場検証を終え、私に連絡をくれました。 
現地に到着した時・・(略)
ベンチに頭ををたたき付けた後、
意識のある中、手足を折られたのでしょう。 
猫は虫の息で、静かに息をひきとりました。 

被害にあった猫は一週間前に捨てられた
チャトラのオス、人が大好きで誰にでも
スリスリする猫だったそうです。

事件は餌やりさんが餌をあげ
立ち去った直後に起きたと思われます。
犯人は猫が何時頃に餌を貰い、
何時頃に食器を回収にくるのかを調べて
犯行に及んだのかもしれません!

この公園に関わらず、虐待の
ターゲットにされるのはいつもなつっこい猫です。
「ここなら餌を貰って生きていけるだろう」と
安易な気持ちで猫を捨てる飼い主。

かわいそうだからと内外飼いする飼い主。 
この真冬の寒さを乗り越えるだけでも命がけ、
ましてこんな残酷な目にあうなんて。
不幸な猫をうみだすのは飼い主が
捨てることや飼い主が内外飼い
することから始まる。 私は改めて遺棄を防止
することの重要性を感じました。

この現実を動物に関心があるなし関係なく、
たくさんの人に知ってもらいたいと思います。

===============================================

すみません、悲しくて悔しくて、可哀想で、
途中文章の中の残虐な手口は略させて頂きました。


一週間前まで飼い主のところにいたであろう茶トラ。
人間を信じて疑わず、こんな目に遭わされるなんて
夢にも思っていなかったでしょうに。


この事実を一人でも多くの人に知ってもらい、
万が一、公園のお近くにお住まいの方が
おられたら市民の方にも広く知って頂いて
その目で監視、通勤や通学の際にも見張って
頂けたらと思います。

下記の写真は、この公園で保護され
公園のボランティアさんを通じて
こちらで預かり里親様に貰われた子達です。

この子達も、同じ目に遭わされていたかも
しれないと思うと大きな怒りと憤りを感じます。


0.jpg
こうのすけ(公園ではカール)心優しいFさんご夫婦に貰われました。
この子も人なつこいベタベタさん。




090222_1232~0001.jpg
幼稚園さんに一時的に預かってもらっていた茶白ちゃん。
この子は公園の雌猫と二頭で貰われていきました。
画像の通り、ベタベタ甘えたさん。



091102_2026~02.jpg
抱っこ大好き、誰にでも甘えるみーちゃん(現:うたちゃん)
この子も、標的になっていたかもしれません。
昨年末、5人家族のとってもお優しいご家族さんのお家の子に。



091125_2254~0001.jpg
我が家で預かっていたアメくん(現:ぐうちゃん)
アメショーで、もちろん公園に捨てられていました。
お膝大好き、こんなにおとなしい子が捨てられるなんてと
驚きました。今は4人ご家族のT様のお宅の子に。
もう可愛くて仕方ないです、と幸せ掴みました。



dassyu.bmp
一頭で捨てられていた仔猫、むくむく(現:ダッシュちゃん)
こんな小さい子はすぐに捕まってしまう。
今はN様宅で綺麗なお姉さんに愛されて幸せ。




090807_1518~0001.jpg
きのうのお見合いで貰われた白ちゃん。
公園に居た時からベタベタさんで誰にでも抱っこされる甘えん坊。
おなかを空かせてるから、おいしい餌に釣られたら
誰にでも寄って行ってしまうでしょう。H様ご家族の子に。



ざっと最近貰われた子で、
思いついただけでもこんなに。
昨年一年だと20頭は超えているはず。
それでも捨てられる子は後を絶ちません。


命を奪われた茶トラちゃんも
幸せになれたのに、
悔しくて仕方ありません、犯人が憎い。


今後については追々こちらで
報告させて頂きます。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ニックネーム miemama at 22:57| Comment(9) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

今年もよろしくお願いいたします。




年が明けてしばらく経ってしまいました。
今年も細々とですがブログを続ける所存です、


年末から年始にかけて、
ほかのボラさんもお正月休みなのか、
掲示板に掲載している近畿の猫が
わたし募集の猫達ばかり。


おかげで、一頭の猫に数件のご応募、
募集を出した猫も10頭はいたので
メールの対応に追われお見合いも
一日で6組、その次は9組と
おかげさまで大盛況でした。


年末に、こちらをご覧いただいた方より、
シーツやフードのご寄付の件、
直接、わたしへご連絡下さいました。



*フードやシーツをお送り下さったJ様。

*猫の幼稚園さんからこちらをご覧下さって
ご寄付いただいたS様。

*いつも病院の子や、公園の子を気にかけて
毎年のように、フリースやカイロを大量に
送って下さるM様。


どのご寄付も大変助かっています。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございます。


今年は特に寒さが厳しく、お外の子達は
風邪をひいたり、膀胱炎になったりしていないか
気になっています。早くこの寒い冬が
終わってくれますように。


今日は我が家で保護のペペくんと白黒おちびちゃんの
お写真です。兄弟のように仲良し、おちびちゃんは
いつもお兄ちゃんのあとをくっついて回り、
ペペが高いところへ行くと僕も行く、ペペが下りると
今度は下りれなくてにゃんにゃん鳴くので下ろして
あげます。ぺぺもお兄ちゃんらしく、
噛み加減を教えたり、追いかけっこをしたり、
そうかと思えば、頭を舐めてあげたりと微笑ましい奴ら。

二頭で行って欲しいけど、それは贅沢な希望でしょうか^^;




091227_1751~0001.jpg


100111_0940~0004.jpg




100111_0942~0001.jpg



本年もよろしくお願いいたします。



=====================================================



ニックネーム miemama at 23:52| Comment(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

師走のあわただしい時に




クリスマスを過ぎると一気にお正月モードですね。


今年も数数えればきりがないほどの
多くの猫達をもらって頂いて、
幸せを掴んでくれました。
皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。



公園猫もまだまだ捨てられていますが、
それでも猫の幼稚園さんやボランティアさんによって
たくさんの命が救われました。




こちらでは、個人宅に20頭〜30頭、理解のある獣医さんが
提供下さっている保護部屋にも30頭近く、
本当のおうちを待っている子達がまだまだいます。




病院のお世話をしているボランティア宅では
9キロ入りを買っても4日で無くなります。
病院の猫達のフードはそれに加えて
一日に2キロ入りが空になります。





トイレは猫砂ではなくシーツトイレで、
一日に40枚のペットシーツが消耗されます。





ご家庭の大掃除の際、
ご不要のフードや、ペットシーツが
眠っていましたら保護猫にご寄付頂けないでしょうか。

フードはドライ・ウェット・銘柄は問いません。



コメント欄からお申し出頂きましたら
あらためてこちらからご連絡いたします。





091220_1634~0001.jpg
先日親子3頭で捨てられたうちの一頭です。
寒い寒い中、兄弟二匹で隠れる場所のない
公園の片隅で風邪をひいて震えていました。




不況の波は遺棄にも影響しています。
わが身を守るためには捨てるしかないんでしょうか。
しわ寄せがくる物言えない動物達が不憫です。




******************************************************








ニックネーム miemama at 09:50| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

寒かろうのら猫




地域情報誌の『○○○タイムス』

毎回、片隅に動物愛護の記事が掲載される。






去年の今頃、掲載されていた記事の中に

紹介されていた一篇の詩。






【寒かろうのら猫】



兄さん寒かろう

弟よ、寒かろう

外は雪

毛皮を着ていたって体温はどんどん奪われていく
やせっぽちの子猫兄弟にはとてもつらい

なんとか見つけた物陰で
身を寄せ合ってやり過ごすしかない

冬が来る前に
食べて食べて食べて
分厚い皮下脂肪を作っておけば良かった

兄さん寒かろう

弟よ、寒かろう

いじわるなおじいさんが来なければ
ずっとご飯をもらえたのに
親切なおばちゃんの作ってくれたハウスも
壊されちゃった

しかたないね

しかたない

このあいだ拾って食べた唐揚げ
おいしかったね
ママのおっぱい、暖かかったね

また食べたいね

また飲みたい

兄さん寒かろう

弟よ、寒かろう

外は雪


『のらねこ学入門』より





この詩をはじめて読んだ時、涙がこぼれた。

誰が好んで餌も当たらないような外にいる?

凍えるような寒さの中をじっと耐え、

与えられた運命を必死に毎日生きてるだけ。





また今年も寒い寒い冬到来。

朝起きて寒い日はこの詩が頭に浮かぶ。

どうやってこの寒さを、空腹を

耐え忍んでいるんだろうと思うと

胸が痛む。





一頭でも多く、暖かいおうちに入れてあげたい、

年末まであと少し、今年の里親探しも

ラストスパート。



091218_0019~0001.jpg



***********************************************







ニックネーム miemama at 00:38| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

悲しい現実





本日、大阪の夕方ニュース番組や
ニュースステーションで放送されました、
尼崎の悪質ブリーダーについて
今後のためにもこのような悪質な業者によって
悲しい末路をたどる動物たちがいなくなるよう、
ご協力をお願いしたく記事にさせて頂きました。


知人から送られてきたメールです。
想像したことはありましたが、
やはりこのような現実がありました。

***************************************************

12月10日朝日新聞朝刊掲載、尼崎市が
大型ブリーダーの売れ残った犬の処分を
長年に渡り継続してきた事実が発覚しました。

子犬達は商売道具として生まれ、
売れ残り、本当ならまだまだ母親と
一緒にいる月齢で処分されています。
わずか数か月の命です。
使い古されて要なしになった母犬たちも
また殺され続けています。

信じられないほど大量の犬たちの
殺処分が続けられています。
尼崎市長は動物好きで愛犬家で知られた方です。
悲惨な事態を一刻も早く改善してもらえるよう
市長へ皆様の声を届けて下さい。

尼崎市秘書課 町づくり提案箱
mayor_shirai@city.amagasaki.hyogo.jp

*******************************************

わたしも偶然、夕方のニュース番組と
ニュースステーションのどちらも見る事が出来ました。

番組内で尼崎市長は、この業者から保健所に
持ち込まれた犬は今後一切処分しない、
またこの業者が今後改善するならば、
営業許可を与えると番組内でおっしゃっていました。

わたしにはとても業者が改善するようには
思えません。営利目的で動物を販売、
売れ残ったら自分の手を汚さず処分、
そんな業者がきちんとワクチンを接種し、
犬の管理が出来るとはとても思えません。

売れ残る子は必ずいます。
保健所で引き取ってもらえなくなれば、
次はどうするでしょうか?
わたしは捨てられるのだと思います。

どうか尼崎市長さんに、
皆さんの声をご意見を届けて下さい。

殺処分がこの世からなくなりますように。
この国の動物愛護が少しずつでも
向上しますように、祈らずにはいられません。


kkkiji.bmp



=============================================




ニックネーム miemama at 23:19| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

冬なのに春のような忙しさ






先日の不要毛布等ご寄付の件では、
たくさんのご連絡やコメントを頂いて
公園関係者ともども、大変助かっています。

金銭面ではもう限界で、フリースなど買って上げられる
余裕もなくこちらにSOSが来てすぐお願いをしました。
みなさんのお気持ちが嬉しく、また送料を負担頂いて
申し訳ありません、ありがとうございます。

さて、公園ではここ数日で毎日のように猫が捨てられます。
またしても緊急に助けて欲しいと連絡があり、
悩みに悩んだ末、保護することになった子達です。


091204_1404~0001.jpg

生後1カ月くらい、総勢7匹。
茶トラ3に黒が1、サビ柄ちゃんが3です。
親♀二匹と一緒に丸ごと捨てられていました。



すでに何頭も無理を言って入園させて下さっている
猫の幼稚園さんが事情を知って、幼稚園さんも
多くの猫を抱え大変なのにまたこの子達にまで
手を差し伸べて下さることに。


ワクチン代だけでなく、それ以外の高額な医療費、食費、
またお世話の労力を思うと預かってもらえて
ありがたいと同時に心苦しい思い。
園長をはじめ、お世話下さっている関係者様に
感謝の気持ちでいっぱいです。


この7ちびーず、あとの情報ではちびだけで8匹だったそうです。
連絡を受けてすぐに残りの一匹を探して下さった結果、
側道の深い溝に落ちて死んでいたそうです。
親からはぐれて、親を探して小さい体できっと
大きな声で探して誤って落ちたんでしょう、
寒い中、おなかも空いて可哀想に不憫でなりません。


自宅で繁殖させてしまい、たくさん産んで
慌てて捨てて、捨てたあとはどうなても知りません、
餌もなく右も左も分からない場所で
生きていけるわけがないのに。
おうちで餌をもらっていた子が突然、外に捨てられると
怖がりな子は茂みに隠れそのまま餓死してしまうそうです。


これだけ遺棄は犯罪だと呼びかけていても、
こっそり夜中に捨てに来る者がいる現実、
自分が猫なら?何も持たず知らないところで
捨てられておなかも空いて、お金もなく、
ここで生きてゆけと言われたら?
生きて行けるでしょうか。


最後に、猫の幼稚園さんの裏日誌で、
公園で保護された子やこちらで保護の
猫を紹介して下さっています。
わたしがしなくてはならないことを
代わりにして下さっているようなもの、
本当に本当にありがたいです。
よろしければご覧下さい。


猫の幼稚園・裏日誌
http://ton-cha.a-thera.jp/


初冬だと言うのにまるで繁殖時期の春のような忙しさ。
なかなかブログも活用出来ずいつも残念に思っていますが
見守って下さっている方がいて下さって心強いです。
ありがとうございます。


========================================================








ニックネーム miemama at 15:06| Comment(0) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

ご家庭で不要の・・

夏からすっかりサボってしまいました。
ご覧になっておられる方、おられますでしょうか<顔(汗)

猫の里親探し、避妊・去勢手術、猫の保護、と
相変わらずの日々を送っております。


さて、我が家の猫と言えば、
トップページにある茶トラ♂&茶白♂で4匹、
キジ柄♀が2匹の計6匹がレギュラー陣。



そしてこちらでは紹介していませんでしたが、





みいこちゃんみいこと言います。
虐待のあるT公園で保護された三毛♀、エイズキャリア。
実は今年の5月頃からウチにいましたあせあせ(飛び散る汗)



こちらは自宅近くで保護された、




091023_1555~0001.jpg
ちさと、と言います。只今、里親さん大募集中!
生後5カ月くらい、とってもおとなしいのよ。
まだ来てほんの1ヶ月くらい。




同じく、自宅近くの駅前で捨てられていた、

091113_2214~0003.jpg
僕はペペ♂、つい2週間ほど前に、餌をあげてるおばちゃんが
見つけてくれて今のママが探してくれてん。
誰にでもついて行くからこの子は怖い人に連れて行かれる、
って言ってね、連れて帰ってくれた。
今はホントのおうちを探してるねん。






そしてそして、今日、またあのT公園から、

091111_1425~0001.jpg
アメリカンショートヘアMIXもしくは純血種。
僕も公園に捨てられてん、ボランティアさんが
保護してくれてんけど、事情があってmiemamaさんとこに
下宿することになりました、募集してるからよろしく!
お布団もぐって一緒に寝るのん大好き、誰にでも甘えるよ。



と、こんな状況ですがこれはほんの一部。
我が家は少ししか預かれません、
募集中の子は50頭以上にも及びます。

捨てられた小さい子は、猫の幼稚園さんにも
先日より10匹もの仔猫を入園させて頂いています。




と、こんなわけで今日は皆さんにお願い猫



T公園ではまだまだ捨てられる猫が絶えません。
全頭保護はどうしても限界があって出来ませんので、
せめてこの寒い冬を乗り越えるため、暖かくして
過ごせたらと、毎年ボランティアさんが
フリースや毛布で工夫しておられます。


おうちで不要の毛布などございましたら、
ご寄付いただけないでしょうか?
こちらのコメント欄に記載頂きましたら、
あらためてご連絡させて頂きます。


どうかどうか、お外で寒い思いをしている子達に
少しでも暖をとらせてあげるために
ご協力のほどよろしくお願いいたします。



****************************************************














ニックネーム miemama at 22:46| Comment(19) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

京大聴講生猫殺傷事件のその後。



ずいぶんと久しぶりの更新になりました。

今年に入ってこちらでお願いをしていました

京大聴講生猫殺傷事件の署名下さった皆様にご報告です。





経過は慎重にことを進める必要があったため

こちらでのご報告は差し控えさせて頂いていましたが、

先日、動物虐待をなくす市民の会の代表者様より

ご連絡があり、7月21日付けで告発状が受理されました。





詳しくはこちらをご覧ください。
http://nekonekoshomei.web.fc2.com/keika.htm




暑い中、何度も公園や事務所、警察や検察庁へ

足を運んで下さいました。

今後3年間は定期的に捜査のために

警察が動いて下さるそうです。





みなさんからの多くの署名が告発受理につながりました。

感謝の気持ちでいっぱいです。






今も毎週のように子猫、成猫が捨てられていますが

一頭でも恐ろしい目に遭わせないために、

現地で頑張っておられるボランティアさんと

これからも公園の猫達を見守っていきたいと思います。






SH350070.jpg





ご署名、お呼びかけ下さった皆様、

ご協力を頂きましてありがとうございました。




四葉 四葉 四葉 四葉  四葉 四葉 四葉 四葉 




ニックネーム miemama at 20:29| Comment(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

ご参加をお願いいたします。

================================================================

昨年より、静岡県の伊東市や北海道の三笠市などの自治体が市営(公営)住宅のペット飼育者に対し手放すか」「退去するか」の二者択一を強行する問題が、マスコミなどを通じ伝わってきています。



そして、このたび兵庫県尼崎市では、「市営住宅におけるペット禁止条例案」が市議会に提出され審議されるみこみです。




日本全国で3世帯に1世帯はペットを飼っているというデータがあるほか、たくさんの方がペットと暮らすようになり、たんなるペットではなく家族の一員という位置づけでともに生活をしています。




そんな中、集合住宅におけるごく一部の迷惑な飼い主のために、すべての人がペットと暮らす権利を奪われるようなことを、市民の幸せな生活を守るはずの自治体が推進していいはずがありません。




一律禁止ではなく、ペット飼養のガイドラインを整えた上で迷惑な飼い方をなくしていく方法が、より現実的です。
当日は、条例制定に関わる市会議員の方も多数来場されます。




この問題に多くの市民が注目し、「一律ペット禁止」という時代に逆行した条例の制定に異議を唱えているという事を、議員の方々に理解して頂くには、上記趣旨にご賛同頂ける多くの皆様のご来場が不可欠です。
皆様、日頃なにかとお忙しいとは思いますが、ご来場のご協力をどうぞよろしくお願い致します。





シンポジウム【集合住宅のペット問題】
【日時】2009年8月1日(土) 12時半開場 13時〜16時
【場所】尼崎市総合文化センター2F アルカイックホール・ミニ
    ( 兵庫県尼崎市昭和通2-7-16 )
・阪神尼崎駅より徒歩5分
・JR尼崎駅よりバス10分 文化センター前下車徒歩1分
【主催】迷惑をかけないペットの飼い方を推進する会
    ホームレス猫不妊運動ネットワーク
【問合せ】TEL 06-4960-2220
【HP】http://westwind77.web.fc2.com/shinpo.htm


*このシンポジウムは、尼崎の条例制定のみならず、全国で同様の問題を抱えている自治体にむけての、解決策発信の場でもあります。当日は、マスコミ各社の取材も予定しています。



<転載フリー>
*ブログやHPをお持ちの方は、転載のご協力をお願いいたします。





090402_1352~0001.jpg
ニックネーム miemama at 15:45| Comment(4) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

こつぶ





先日、あずきのお嫁入りをご紹介し、

こつぶの門脈シャント疑惑も晴れ、

里親募集を開始、とお伝えいたしました。





その後、仔猫があふれているこの時期・・

お問い合わせは2件あったものの

どちらも他府県からでご縁がなく

もしやこのまま?我が家の子、なんて

保護猫を含め8頭もいる我が家に

そんな余裕も、主人の理解もあるはずがなく;





困ったな、なんて思っていた矢先に

あずき(現:あんず)を貰って下さった

ご家族から里親さんのご紹介のご連絡あり。





ありがたいお話とすぐにご連絡は取れたものの

これまた兵庫県の山手の方で、

遠いからとか一匹でさみしいなんて

そんな贅沢も言ってる場合ではないのだけれど。





本当はあずきと一緒に貰って頂きたかった!

というのが本音で、あずきのご家族にも

お願いをした事実があるのだが

去年二頭貰って頂いてあずきで3頭目・・

とても4頭までは、とお断りのお返事を頂いていた。




なのでこのままご紹介先に貰って頂くことになるかな、と

思っていたらお知り合いのお宅で仔猫が産まれるとかで

そちらの子を貰われることになったとお断りのお返事。





あずきのご家族もずっとこつぶを気にして下さった様子。

ご近所のこともあって、かかりつけさんもご紹介し同じ病院。

先生もどうやらもう一頭どう?なんてプッシュ下さったみたい。





ご紹介先にご縁がなかったということは、

これはあずきのお宅に貰ってもらいなさいということか?

と勝手に解釈、何度かお願いはしてきたが

最後のお願いにやってまいりました〜とばかりに

お聞きしてみたところ、お父様は今晩にでも連れて来て欲しいと

言って下さっていたそうで、快諾下さった。


CIMG0381.jpg
あんずは今やすっかりお宅の子。



CIMG0382.jpg
こんな寝相、ウチではしなかったな〜






ということで、なんと、こつぶはあずき(あんず)ちゃんの

お宅にお婿に行くことになりました!母はうれしいぞよ〜〜

あした、こつぶは本当のおうちにお婿に行きます。




先住のお兄ちゃん達とは月齢に差があり、

遊び相手がいないとあんずちゃんを可哀想に

思って下さっていたのも理由の一つだったそう。






結果オーライ、ちょっぴりさみしいけど

こつぶにも約束された幸せが待っているから

母は喜んでお婿に出すよ。





Oさんご家族様には心より感謝いたします。

こつぶをどうかよろしくお願いいたします。

あんずちゃん、こつぶを忘れていませんように〜





四葉 四葉 四葉 四葉 四葉 四葉 四葉
















ニックネーム miemama at 02:17| Comment(2) | ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする